新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「出世」という言葉を口に出すのは、気になって仕方ない人たち。

出世欲があったもいいじゃないですか。会社勤めである以上は、出世したほうが給料も上がって、プライベートを充実させる資金も増えるから。

悪いことではないですよ。もし、出世欲が格好悪いと思うのなら、独立すればいい。簡単なことではないですが。

いずれにしても、テレワークで仕事感が変わったのなら、働かされ続ける雇われ生活のままでいいか、真剣に考えてみましょう。
色んな感想があって興味深いです。
個人的には転職後、地方でフルリモートで働いて4年。価値観は大きく変わりました。仕事の仕方が変われば自分が自ずと変わることが必要となってきます。
また物理的に常に社外にいるので客観視できるというのは大きな点だと思っています。どうしても社内にばかりいると視点が狭くなりがちですが、会社が客観視できるし、人脈も自ずと自分に近いところでも新たに構築したくなります。時間の使い方という部分では新しい趣味など始めることも可能です。
それが新しい自分の可能性を切り開くことになっていくと実感しています。
テレワークによってあらためて自分を見つめ直す時間ができた。その結果地方や海外で働くのはどうか?もう通勤はしたくない。このままでいい。その反対でみんなで働きたい。早く集まりたい!など人によって様々な感じ方をしてきた。

これまでテレワークがしにくかった原因は経営者や幹部クラスがテレワーク体質がない、ITリタラシーが高くないという方も多く本格的に進みがたい理由もあった。固定概念で、やはり会社に来ないとサボるだろうなんてことも何度も経営者から聞きました。

ウィズコロナ、ポストコロナ時代においてはみなオンラインリタラシーが高まり、オンラインでの仕事力が問われることになる。オンラインで活躍できるスキルを高めていくことが大事になるだろう。

ウィズコロナ時代に「求められるスキル」は何か?
https://keyplayers.jp/archives/17180/
テレワークによって自分を見つめ直す時間ができた(増えた)ケースが出てきている事は確かであろう。
ただ、通常勤務で勤務先が自宅となっている方々で「普段より暇」と言うのは、若干解せない気もする。
もし、仮に「雑談の重要性」と言う名目で半ば正当化された不確かな時間が多く存在していたのであれば尚更である
昨年の「超ヒマ社会をつくる」は、AIとロボットに仕事を奪わせて実現する超ヒマをクリエイティブに生きることを書いた本だが、コロナのテレワークで一足先に超ヒマ社会が来てしまった。あわててクリエイティブになるのもつらいね。コロナが去っても超ヒマを残すのが今できることかな。
リモートが長引くと、仕事とプライベート、時間や空間、そしてマインドもどうやって切り分けていくか、とそのバランスに悩む声が聞こえる。今後、リモートに緩やかにシフトする中、どうやって「自律」するか、が重要となってくる。

「自律」。自分をどう律するのか、という解釈をしていたが、自律という言葉をより深く落とし込むと、「自分で自分に自身の法を与える、それに応じて行動する」こと、となる。そう、何か与えられた決まり事を守るということではなく、自分で自分のルールを決める、その上でそれを守る、ということ。そして、自分のルールは、世の中の潮流に応じて、またはより自分の信じるところを目指して、見極めるべきなのだ、となる。

リモートで仕事をしていると、始業や終業のレポーティング、何をしたのかの日報、といったマイクロマネジメントで辟易している人もいると思う。他人にコントロールされていると思うと、精神的に辛くなるかもしれない。でも、自分は日々こういう仕事の進め方・報告をする(ということを上司と同僚と共有する)、コミットしたそのルールに自分は力を発揮する、とすれば、責任も働きやすさも自分次第、コントロール下にあるだけ、より楽しく感じるのではないだろうか?

自律・世の中の潮流を見極めながら、自分のルールを定め、そして実践する。楽しいリモート下の在り方を、これからも探っていきたいと思います。
ファイティングポーズをとることを忘れたら危険だと思います。

誰しもパンデミックの影響は少なからず受けると思いますが、今こそ抗わなければ。変化を楽しむ余裕も見せながら、ここ数ケ月でより進化した自分に出会いたい。
テレワークの導入によって、仕事の価値観や出世欲を自身で再認識することはとても良いことだと思います。

当たり前がなくなると、本質が見えますね。
完全に個々の人に依存すると思いますが、「◯◯ではだめ」と言っている人に限って、結局、「どんな状況でもだめ」だとも思います。

何故なら、それは、自分のせいではなく、他者のせいにしているからです。

本来、その人のパフォーマンスは、環境要因では、言うほど変わらないと思います。

もし、テレワークで「パフォーマンスが低下した」と感じているとしたら、もしかすると「会社に行っていて、仕事をやっている気になっていた分が、実はやっていなかったことに気づいた」だけかもしれません。

特に、会議などを設定すること、参加することで仕事した感を得ていた人たちは、それがなくなってしまい、「仕事をしている感」が低下したことを、テレワークのせいにしている人が多いように感じます。

最近は「面着会議」を「ZOOM会議」に置き換えて活路(?)を見出している人も増えてきて、それはそれで、本当に残念です。

あなたの組織では、「自宅待機、テレワークになって、かえってZOOM会議が多くなった」ということはありませんか?

もしそうだとしたら、それは、かなり不味い兆候です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません