新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナの影響で経営が悪化した病院がほとんどで、職員のボーナスカットの話もあちこちで出てきていますので(医療者に限った話ではないと思いますが・・・)、国のサポートがあるのはありがたいと思います。

一方、特に日本の医療は医療者の善意で成り立っている部分も大きく、コロナの件も医療者としての使命感によって支えられたと思います。そういった状況で金銭的なインセンティブを与えることは、逆にモチベーションを下げることにも繋がることが過去の研究でも示されており、「お金で解決する」姿勢は逆効果の可能性もあります。
特に院内感染が生じた医療機関スタッフの精神状況は、総じて非常に厳しいものがあります。

もちろん平然と勤務されている方もいらっしゃいます。一方で、知らぬ間にスタッフ間の濃厚接触があり突然自宅隔離になり不安な日々を送る方、欠員が出た分休みを取れなくなり連日出勤となっている方、職場で感染し治療を受ける必要が出た方など、それぞれの事情で身体的にも精神的にも厳しい日々を送っている方がいます。

また、医療機関には自動販売機の商品交換が入らなくなったり、売店やコンビニのスタッフが去ったりという動きもあり、飲食物のない職場環境で働かれてきた方もいます。

院内感染が生じると、多くの報道で取り上げられ、周囲からの偏見にも苦しみます。

様々な苦労がお金で解決されるわけではないですが、このような痛みへのサポートに少しでも繋がるのではないかと思います。
個人レベルでの負担はもちろんですが、
病院の経営自体も大変ですし、

医療関係者、介護職員だけでなく、保健所の方々も相当な負担がかかっているでしょうし、
どこまでどう支援するかというのはなかなか難しいですよね。。

こういった支援も現場にとってはもちろんありがたいですが、
それよりなにより、防護服やマスクなど感染防御物品を滞りなく供給して医療関係者が自分の身を守れる状況を担保してもらったり、
不要な検査が増えないよう検査至高主義な風潮を是正するなどして頂くことも、
現場にとってはありがたいことと思います。
新型コロナウイルスに対して最前線で活躍する医療従事者にスポットライトが当たるのはもちろんなのですが、そこに介護職も加えて下さっているのが本当に嬉しい。見えないリスクと闘いながら、厳しい人員体制で暮らしを支えている介護職がごまんといる。
既に一部自治体では独自に医師や看護師に手当を支払っているところもあるそうです。
医療施設に加え、確かに介護施設でもリスクが高く職員の方々は大変な毎日だと思います。
あとは医療・介護従事者のホテル代やシッターさん代などもあると良いすね。