新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
台湾側は、中国の対台湾姿勢に変化はない、としていますが、台湾側から中国を挑発するようなことはしないでしょう。蔡英文総統の第2期就任演説においても、蔡英文総統の姿勢に変化はなかったのですが、台湾側は、中国を刺激したのではないかと心配もしていました。
報告や講話における言葉遣いは、政治的メッセージになります。中国が台湾統一に触れて「平和的」という表現を削除したのには意味があるでしょう。中国は台湾統一を進めるに当たって、平和的手段にこだわらないという意図を示したのです。
ただ、その意図を示したのは、台湾に対してだけではないかもしれません。李克強総理は、中国国内に対して対台湾強硬姿勢を示す必要があったのかもしれないのです。李克強総理の政府活動報告を見ても、必ずしも李克強総理の思惑どおりの経済政策がとれていないようです。李克強総理は、共産党内での自らの立場を維持し強化するために、台湾に対して強い姿勢を示す必要があったとも考えられます。