新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
オリンピック延期の時もそうだったが、それなりに重大な案件への意思決定に対して、首相の言葉の内容が一週間前と180度変わってるのに明確な理由の説明が一切ないこのスタイルがなぜ世間的に許容されているのか本当にわからないのですが。黒川検事長の立場以外は、この1週間でどうみても急激に変化していないだろう。

普通に日本語を理解して生活してたらちょっと頭がおかしくなりそうというか、この国はほんとどうなっているのか。
人気 Picker
これまでの主張は何だったのかと思います。変わり味の速さに驚きます。
聞いたか!菅義偉官房長官の敗北宣言だ!審議ストップから廃案だぞ!立憲民主党おめでとう!あなたがたの勝ちだ!完勝だ!ツィッター民600万人の声が実現した!「#国家公務員法改正案を廃案にしました」のハッシュタグを拡散しようぜ!

民主党政権当時に支持母体である自治労のためにスタートさせたこの改正案。現在の立憲民主党を利することを承知の上で年金改革と定年延長の流れを作るためにようやく提出した改正案だというのに。調子に乗った立憲民主党とオールドメディアとそれに乗っかった芸能人ががとうとう廃案にまで追い込んでしまった。

こう考えるとこれは「立憲民主党おめでとう」というべきなのか。それとも「自民党おめでとう」というべきなのか。そもそもが安倍政権の宿願ではなかったのだから答えは明らかでしょう。