新着Pick
83Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1週間くらい前に北米トップも辞めています。ゴーンさん自体も問題だけど、それに時間を取られて本当に重要なことに経営が集中できなかった機会損失は「失われたX年」としてどこまで尾を引くんでしょうか。内部抗争の本当の怖さはそこにあると思います。
もはやニュースバリューがないほどのダダ漏れな情報の再リークである。ただ、NHKさんが報じるなら、これは「確報」となった。
27日にアライアンスの中計発表、28日に日産中計発表、29日にルノーが中計発表。。3日連続でアライアンスの再建を訴えるが、オーディエンスはしらけ切ってる。1年365日しか無いのだから、このアライアンスに3日もリソースはさけません!1日で片付けて欲しいが我々の一般的な意見である。しらけている。本当に。
アライアンスの重要性を訴えたいのは分かりますが、この時期ですから各社の役割分担は決まっているはずですね。
身の丈なりにやっていけば利益が出るのはどの程度なのか。ベンチマークをハッキリさせて、そこに各社が力を合わせて取り組んでいく。

とは言え、ゴーン氏がアライアンスをまとめていた頃にさえ出来なかったらことを、果たして今からやり遂げられるのか。正直言って難しいと思います。サプライズはあるのか?!
日産、そして日産・ルノー・三菱アライアンスが、これからどういう未来を描いていくのかが気になる。
これまでは一種、統合を含めて規模を追うことでシナジーを作ろうとしてきた。ただ規模主義になりすぎて、グローバルシェア8%を目指した日産パワー88は完全なる未達に終わった(パワー88は2011~2016年度、その間シェアは上がるどころか微減)。
規模を追いながらブランドを作ることは難しい。そのなかで新車投入による日産ブランドの向上や、プレミアム領域でのインフィニティブランドが向上したかというとそうは感じない。
一旦は規模前提で作ったキャパを落として固定費を下げるということだろうが、中長期的にはどういうポジション、特に規模とブランドのトレードオフを目指していくのか。
https://www.nissan-global.com/JP/IR/INDIVIDUAL/GLOBALSALES/
ゴーン氏が描いた拡大路線と世界一のシナリオを修正。正しい判断ですね
コロナ以前からですけどね。
更に言えばゴーン氏のゴタゴタでもない。

以前から計画未達でも配当を続けて株主の口を封じ、
役員報酬で役員会を骨抜きにした結果でしょ。

ここ5年以上そんな状況だったわけで。

何も今に始まった話ではない。

ココからどうやってマトモな経営計画が立てられるか。
見ものです。
28日に新たな中期経営計画を公表する予定の日産。
「3年後の販売台数の目標を年間500万台程度とし、600万台としてきたこれまでの計画より大幅に引き下げる方向で調整を進めている」とのこと。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.42 兆円

業績

日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア