新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
withコロナ時代、車のイメージをつくる大きな顧客との接点の1つに、「映画」があると思う。
ジュラシックパークのベンツとか、007のアストンマーティンとか、日々観ているうちに、かっこいいな…欲しいな…と思ってしまう不思議。

映画の中で、新車発表する時代も来たりして。
ヴェンザは国内向けにはハリアーとなります。

https://mag-x.jp/#google_vignette
これからこうしたオンラインのイベントが増えそうですが、記者としては会場の雰囲気や参加者との交流などができなくなるのが辛いところではあります。
5Gが普及すると、メーカー(ブランド保有者)がそのまま放送局になれる。つまり、大規模で高コストなフィジカルイベントよりも、サイバー空間のオリジナルショーのほうが、魅力的だと思うのだが。
「新車発表会とネット動画配信」は「面着打合せとZOOM会議」と同じアナロジーですね。

共通点は「ポスト新型コロナウィルスの時代においては、今あるソリューションでは、どちらもイマイチ」ということです。

これは、何を示しているか…そこには大きなビジネスチャンスがあるということです!

但し、ひとつだけ条件があって「個人での購入市場が継続する」ということです。そこが崩れると、市場そのものが消失しますので。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ショーでワールドプレミア、と言うわけにはいかない現状、こうなりますよね。

発表と言うだけなら、むしろこのカタチでネット配信強化した方が良い気がします。多くの方が情報取得できますし。

当然プレス向けには別途説明会やるんでしょうし。
オンラインのみでの新車発表。これからはこういう形がスタンダードになっていくのですかね。コメントとか共有しながら楽しんで発表を観られたりすると楽しそうです。
リアルの新車発表イベントっていわゆるマスメディアを中心にしたPR活動なので、気になるポイントは以下2点
1.ネットのみだとメディアでの取り扱いが減るのか?
2.記者さんの書き方が実物見てないことで変わるのか?
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績