新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この分野の開発はアメリカはロシアや中国に遅れを取っており、その穴を埋めると期待されているのがロッキード・マーティン社か開発している空中発射型極超音速滑空ミサイル「AGM-183(ARRW)です。
恐らくトランプ大統領が言及している謎の新兵器はこれでしょう。

昨年6月に初めて実験が行われましたが、具体的な性能などは今のところ一切わかっていません。
ただ空中で発射された後、大気圏を突破し、宇宙空間で飛翔体を分離、高速で大気圏に再突入させることから、その速度はマッハ20以上になると推定されます。
17倍かどうかは知りませんが、極超音速滑空兵器は現代の防空システムでは、非常に迎撃が困難なのは事実です。
トランプが命名した「ちょーすごい(Super duper)ミサイル」。しかし問題は速ければ良いというものではなく、中露が開発しているのは滑空すること。今回のミサイルは速いということは言っているが滑空するとは言っていない。
こういう場では特に気になりますねぇ、国務長官のお名前