新着Pick
175Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
毎年この時期になると、どの大学がどのスピーカーを卒業式に呼んでくるか、話題になります。スティーブ・ジョブズやザッカーバーグが母校で行った有名スピーチも長年語り継がれていますし、政治家は党派によって政権を批判することもあります。

全体を通じて、特定政権を厳しく批判するためのスピーチというより、「大人になっても正しい問いを立てられない人はたくさんいるから、社会をより良い方角に導けるかは、将来を担う君たちにかかっている」という激励のニュアンスが強いように感じました。
この行動は「高校を今年卒業する子どもたち」=18歳=今回初めて大統領選に投票する若い子たちにアプローチすることが目的だと私は思いました。記事タイトルは、「高校を卒業する子どもたちへのエールである」という重要な点が抜けていますし、大学じゃなく「高校」です。ここは重要な誤解点。もとのビデオ見てください。(ウェブサイトは特に「高校」を強調しておらず、大学でもアリな感じになっています。)

最初このスピーチを見たときは感動して泣きそうになったのですが、来週大学を卒業する息子に送ってやろうかと思いつつ聞き続けると、やけに「高校の卒業」にフォーカスしている違和感がありました。なぜか?と考えて上の結論にたどりつきました。

現代のネット選挙運動のフォーカスは、「誰かを説得して支持してもらう」ことではなく、「自分を支持しそうな人を投票に行かせる/敵方を支持しそうな人を投票に行かせない」の戦いです。オバマは自分が当選した際に、初めて投票する若者を選挙に行かせるのに成功したことが勝敗の分かれ目になり、前回はトランプ陣営がフェイクニュースを「民主党支持者だがヒラリー支持をちょっと躊躇している人たち」に集中的に見せて投票に行かせないことに成功しました。

その「得意技」を繰り出して、バイデンが苦手な若い子たち(サンダース支持が多かった)の投票行動を促すということでしょう。自身が運営する「オバマ財団」のウェブサイトができています。
https://www.obama.org/
先日も身内の会合ではトランプ政権の批判をしていたオバマ前大統領だが、今度は表で名指しはしないまでも批判。これだけ感染者と死者が出ているのに経済再開を進め、それだけの犠牲を出したことの責任をメディアも十分に指摘していないということでもあろう。
オバマさんからすれば、自らか大統領時代に主導してきた公衆衛生政策や各種プログラムが否定され、規模縮小が続いていましたから、思うところあるでしょうね。2018年もグローバル・パンデミック対策予算を80%もカットされてましたし。
トランプ大統領が、コロナの責任を中国にすべて押しつけて大統領選の失点にならないようにしていることに対する批判も含んでいるのでしょうね。

どのような理由があるにせよ、生じた結果に対する責任を全面的に受け止めるのが政権中枢の使命だと私は思います。

責任追及しても無意味です。
HBCUの卒業生への演説。最も熱烈な「支持層」向け。
そりゃObamagateと批判されまくってたらこれくらいは言いたくなる。。
オバマ大統領のような影響力のある人が発言している動機を考える必要があると思います。なぜこのタイミングなのか、どうしても選挙対策としか考えられない。
President Trump has no reelection. The reason for the spread of coronavirus infection in New York may be that Obamacare was abolished. It is no use transferring responsibility to China.
昨夜のオバマ氏のスピーチを行なっている時の彼の落ち着き様、トランプとは違う命令形ではなく語りかける口調など親近感を覚えました。