新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界銀行でのご経験やエネルギー分野(特にインドネシア)のお話など足元の業務と重なる部分があり、興味深く読ませて頂きました。まさしく、ダイバーシティは単にSDGなどの観点だけではなく、チーム力がアップするということはその通りだと思いました。違う発想やアプローチが出てきます。ダイバーシティというと人種や性別に話が行きがちですが、国際機関に身を置いてみてわかるのは、特にグローバルビジネスに関しては異なる能力(タイプ)やバックグラウンドを持つ集団が能力を発揮しやすいと思います。そうすると結果として、自然と人種的にも性別的にもダイバーシティが促進されることも多いと思います。
企業に置き換えても、嫌々やるのではなく組織力の向上の観点よりダイバシティ―を追求すべきだと本当に思います。
エネルギーの源は「知的好奇心」という三井物産社長・安永竜夫氏。世界銀行に出向し、多様な国の人とさまざまなプロジェクトに取り組みます。
---
現在、世界65の国と地域で事業を展開。連結従業員数は約4万5000人。巨大商社、三井物産のトップが安永竜夫社長だ。社内序列で32人抜きという異例の抜擢を受け、2015年、三井物産史上最年少で社長に就任。1年目の決算では創業以来初となる赤字に転落したものの、翌年には見事にV字回復を成し遂げた。

主に化学や発電所などのプラント事業畑を歩み、担当した地域は五大陸を制覇。舞台は砂漠かジャングルかツンドラか。そうした過酷な地域で、ハードな交渉をまとめ上げ、いつしかタフネゴシエーターへと成長。

三井物産には「人が仕事をつくり、仕事が人を磨く」という言葉がある。安永社長は数々の修羅場体験をくぐり抜ける中で、デリバラビリティ(Deliverability)、すなわち想定通りに結果を出せる力を獲得していった。その仕事人生を振り返る。(全7回)

■第1回 タフネゴシエーター、三井物産社長のやり抜く力
■第2回 交渉を有利に進める「設計図」と「星取り表」
■第3回 ビジネスを成功させる「人間力」と「座持ち力」
■第4回 世界銀行への出向で得た「新しい体験」の財産
■第5回 仕事の責任は最後まで持て。数字は達成せよ
■第6回 オンライン出張で問題なし。兆単位の商談を締結
■第7回 「人の三井」コングロマリットの底力を見せる時
三井物産安永社長の生き様が特集として日々面白く読めてありがたいです。「私を突き動かす力は知的好奇心」これにとても共感します。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
2.70 兆円

業績