新着Pick
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
荒削りでもまずはやってみるという精神から今や世界をリードする超先進国に。。。
いやはや何という国なんだろうか中国とは
今後のBATHに期待したい部分はあるが、一方で米中経済戦争は激化の一途をたどる
要すれば世界は米中の二つに経済的に分断されようとしているようにも見えるわけだけどそれが何をもたらすのかを我々は理解できていない
地球という舞台の上で軽やかに踊るのはいいけど裏方は大変ですよということか
かつて我が国が踊っていた時代が懐かしいかな
ずいぶん激しいタイトル。
国との癒着がなければ、テックなんか一文の価値もなく、すぐ中国から消える。
この程度のタイトルのつけ方では、日本の読者をミスリードし、研究者としての信用を落とす。
私は、コロナ危機の勃発によって、全ての組織と人に対して、「2つのシンカ」—「真価」と「進化」—が問われていると考えています。

「進化」という意味では、多くの企業が苦境にあえいでいるなかで、米国マイクロソフトは本年1-3月期決算において、過去最高益を記録。同社ナデラCEOは「この2か月間で2年間のデジタルトランスフォーメーションが見られた」と同決算発表時に述べています。

「2か月間で2年間相当のデジタルシフトの進化」を顧客と自社にもたらしたマイクロソフトに対して、どれだけの日本企業が対抗し得るのか?

もちろん感染拡大防止と経済活動維持の両立が最重要課題ではありますが、コロナ危機の最中において、ビジネスパーソンとしては、「ビジネスの真価と進化」について大きな危機感と使命感をもたなければならないと思います。

そして、米国のテクノロジー企業以上に、この間にデジタルシフトを進化させているのが中国メガテック企業です。

私自身は、価値観として中国式監視型デジタルシフトは首肯する気持ちには到底なれませんが、日本企業が参考にすべき点は多いと思っています。

中国テクノロジー企業のコロナ対策の脅威、ご参考にしていただけたら幸いです。
旧正月休みかつコロナウイルスが1番やばい時期にもかかわらず感染者の行動追跡システムなど諸々のサービスを速攻で作ったこと、当時サービスを使いながらマジですごいなて思った
新型コロナに対する、事後の対策は凄いと思う。
これだけの技術があるのに、初期の対応や未然に防止する方向には活かせていない。

初期はただただ拡大しているのを見ているだけ。
最初に継承を鳴らした眼科医は処分される。
中国政府は情報を隠蔽し、嘘の発表を行う。
武漢を中心に一気に感染は拡大。

感染が拡大する前の時期に、中国の誇る技術は活かされたのでしょうか。
中国政府からGOの合図が出ないと動けない、そんな風に見えてしまいます。
今更かと思いつつ、でもタイムリーでもある
なぜなら日本より何倍もオンラインサービスとデータサービスが進んでる。監視に慣れている彼らのアイデアはアメリカをも凌駕している
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績