新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
韓国クラブ街を中心にコロナ・クラスターが発生してしまいました。第二波、第三波を気を付けなければならないと思いますが、日本では報道されていないことが一つあります。それは今回のクラスター発生を抑えるために韓国が迅速な対応で臨んでいるということです。韓国では今回の感染者が発生した直後から、疑いのある人は早速検査を行い、今まで1万3千人ほどの検査を行いました。今日もさらに検査を増やしています。やっぱりコロナ感染の拡大を防ぐためには検査数とスピードが大事だと思いますし、第二波、第三波が来ることを前提に今だけではなく、今後の対応準備も整えなければならないと思いますね。
新型コロナの特性として、病気に"かからないこと"よりも病気を"うつさない"事が重要です。社会と自分が物理的にこんなにも密接だった事を思い知らされます。これは現代人にとって全く新しい挑戦です。
うつさないための行動変容、社会構造の変化が必要です。第二波は僕らの行動でいかようにもなります。
自粛は応急処置なだけです。糖尿病と同様に生活習慣病、慢性疾患にはそれなりの行動変容が必要です。今、変わる時なんです。社会の在り方を一緒に考えましょう?
日本で今後規制緩和していく上でも参考になる事例。

こういうことがおこりうるからずっと休業、ではなく、
入場時の体温チェックなど、なにをすれば防げたか考えるのが大事かと。
既に93人の感染が確認され、お客さんやその家族は3000人と。
把握するのもかなり難しそう。本人からの申し出が必要ですが、どこまで感染拡大を防ぐことができるのか。注視が必要ですね。
今までと完全に同じ生活に戻してはいけないと、私たちは理解すべき。

日本も対策を打って、コロナと付き合いながら生活することを当たり前にしないといけない。
ワクチンが開発されて行き渡るまで、この戦いは続くでしょうね。その前に共存のフェーズに入れる国があったとしても、世界中の国境は閉まったままになる可能性がありますね。
ナイトクラブの運営自粛勧告は6日に解除されたばかりだったという。プロスポーツは無観客で再開しているのに、閉鎖空間で人同士距離が近くなりがちなクラブの営業再開は相当慎重に行われるべきだったという気がする。こうした事例が出てくるとフィットネスクラブなどの再開は相当先になりそう
そういえば、韓国で垢すりサウナでのクラスターは聞かないですね。
韓国と言えば垢すり。観光客が行く垢すりではなく、市民が行く垢すりは正に3密だと思うのですが・・・

今回の韓国でのクラブでの集団感染もそうですが、当初の大阪での集団感染もライブハウスでした。
やはり密集度が異様に高いからでしょうか?

ワクチンが出来るまでは、どのような環境が本当に危険なのかを正しく把握することは重要ですね。
外出自粛が解除されれば、もとの生活を過ごしたいと思うのは、人情としてよく分かるし、そうなるのは仕方のないことではないでしょうか。気候も暖かくなってきているし。正論を振りかざして通用する話でもないと思います。

事実、緊急事態宣言下の日本でも、明らかに最近緩んできていますよね。マスクをしている人の比率も減っているし、人間はそんなものだと思います。もちろん、その人間には私自身も含まれます。
そのように考えると、流されやすく、我慢をするのが嫌だという当たり前の人間の前提に立ちながらも、ダメージを最小化する緩和策を考えていくほかないと思いますし、こういうことは繰り返し今後起きながら、だんだんどうしたらいいかが分かってくるものだ、くらいに考えておくのがいいのかなと思っています。
おそらく自覚症状が無い人から多くの人に感染が広がったと考えられます。日本でも緊急事態宣言の解除後も最低2週間は各自自粛されるのが賢明でしょう。