新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国が、中国に対する経済依存度を高めさせたうえで、経済的利益の喪失をちらつかせる高圧的な態度で、他国に自己の要求を飲ませようとすれば、短期的には中国の主張は通るかもしれませんが、圧力をかけられた国は危機感を抱き、状況を改善しようとするのは当然です。
記事が言うとおり、新型コロナウイルスのパンデミックは、中国のこうした態度を浮き彫りにしました。あるいは、欧米諸国が、中国のこうした態度を明確に認識し、危機感を高めていると言った方が良いのかもしれません。
欧米諸国では、中国が経済発展すれば、中国の権威主義的な政治体制にも変化が生じ、国際社会の一員として責任ある大国になると考えて中国の発展を歓迎してきましたが、それが間違いであったという認識になっています。
ここまで強くなった中国の態度を変えさせるには多大の労力を必要とします。中国を封じ込めるのは、少なくとも、短期的には困難です。日本を始めとする各国は、マスクや新型コロナウイルスの検査キット、医療機器を中国からの輸入に頼っているのが現実なのです。
サプライチェーンを再構築することには大きな労力を必要としますが、、特定の国に過度に依存する状態を継続する危険性を認識し、その労力を惜しんだ結果のことも考えて、バランスをとる必要があると思います。さらに、それは経済効率の追求とは相反する部分もありますから、市場経済だけに任せていては実現できないかもしれません。
メモ。今月の米中関係。