新着Pick
92Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
WWDCもオンラインに!情報がオープンになっていくので、開発が世界中で今まで以上に進むことが期待されます。昨年と開発状況の変化などをデータでもみてみたいですね。
個人的には記事にあるアプリで視聴できるというところがら気になります。カンファレンス用のアプリをAppleが作っているのか、既存のアプリを活用するのか、カンファレンス運営者としては別の観点でも楽しみです。
AppleのWWDCが6月22日にオンライン開催。コロナがある程度収束した時にリアルイベントはどうなるのかは興味深い。全てオンラインに移行するか、復活するか。どうなるだろう??
オンラインでするのは当然の流れとして、興味深いのはアップルがオンラインですると、どういう形になるかですね。
まさか、ただオンライン中継して終わりではないでしょう。そこにどんな新しい体験をもたらしてくれるのか、期待してしまいます。
あ、でも6月はまだ速い? いや、でもアップルならきっと…
(しかも3月の早い段階でもうオンライン開催は決めていたのですね)
色々なイベントのオンライン開催が、一般的になってきました。

それにより、これまでであれば現地に行かないと参加できなかったものが、多くの場合リモートで、かつ無料で参加できることはありがたいことです。

ただ、最近は単なるリモートでは物足りない感じにもなってきたので、今回のアップルのイベントが何か新しい工夫があるとすばらしいと思います。

スティーブ・ジョブス在りし日の頃、彼がプレゼンの最後にいつもつけていた「One more thing...」のように。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
今年のWWDC 2020は6月22日よりスタートするとのこと。
「新型コロナウイルス流行の影響で会議はオンライン形式となり、参加者はアプリやウェブ上で無料視聴できる」
オンラインになり、より多くの方に参加してもらうことができるようになりそうですね。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
214 兆円

業績