新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新型コロナウイルス のヌクレオカプシドタンパク質に対する抗体を検出するロシュの検査薬がFDAから承認を受けました。正しく陽性と判断する感度が100%、正しく陰性と判断する特異度は99.8%超とプレスリリースで発表しています。数値を出すのに行なった実験は下記の製品情報のリンクにて説明があります。

記事の後半にもあるように 抗体が存在する=2回目は重症化しない の科学的に確定的な証拠が出るにはさらなる研究が求められますが、信頼性の高いキットが精度を保って大量生産できれば、新しいビッグデータを得ることができ病態の新たな理解に繋がります。

ロシュのプレスリリース
https://www.roche.com/media/releases/med-cor-2020-05-03.htm

製品情報
https://diagnostics.roche.com/us/en/products/params/elecsys-anti-sars-cov-2.html#productInfo
抗体検査薬の感度、特異度の高さも大切ですが、それ以上に、それが第三者機関によって評価され、確認されていることこそが大切です。

日本国内では、その正確性がまちまちな検査がランダムに行われ、その検査に基づいた報告が上がっていますが、データの信頼性が乏しく、必ずしもそれを基にした評価、アクションを取ることができません。

より正確で「標準化」された検査が普及することにより、国内および国際的な比較検討も可能になり、検査を行う意義が高まります。今後、地域ごとの疫学データの蓄積が期待されます。

ただし、個人レベルの「2度目の感染を防げるか?」の疑問に対しては、抗体の有無と再感染の相関の評価、さらには、陽性・陰性の質的判定にとどまらず、抗体の量的評価と再感染の相関を評価するさらなる研究が必要となります。
抗体があれば、感染しないもしくは重症化しないのか、
さらに、抗体がどの程度の期間維持されるのか、
などを明らかにするためにも、信頼できる抗体検査法が安価に提供されるのはとてもありがたいことです。
価格はまだ分かりませんが。
検査薬ができること、承認されることは素晴らしい。ただ、「ほぼ100%」という言及が気になる。
どこの段階から検出されるようになるのか。また偽陽性も一定あるだろうなかで、下記日経記事からの引用部分を見ると5200人に偽陽性はいなかったということ?
『同社は約5200人について臨床試験を実施。PCR検査で新型コロナの感染が確認された人について14日後に検査したところ、100%で抗体が確認されたという。』

https://newspicks.com/news/4874785
おぉ〜っ、これは朗報!!

スイス製薬大手ロシュは3日、コロナの抗体検査薬でFDAから緊急使用許可を取得したと発表した。月間生産量を年末までに、現在の5000万個から1億万個を大幅に上回る水準まで引き上げる。同社の抗体検査薬は正しく陽性と判断する感度が100%で、正しく陰性と判断する特異度は99.8%超と、信頼性が高いという。
感度は88.1-100%(100%)
特異度は99.65–99.91%(99.81%)
https://twitter.com/DrMaitake/status/1257069907809693697?s=19

既存の抗体検査キットより良さそう(偽陽性が出にくそう)。これまでの抗体検査のの異常な高陽性率は今後なくなることを期待。

感度のテストがちょっと足りてないかも?
抗体検査はどれくらい市中感染が広がっているかがわかり、その結果、正しい致死率、重症化率や感染率の高い性別年齢別のデータなどがわかるので、是非早く活用して欲しいです。が、個々人が陽性だからと安心して3密を避けるのをやめたりするとまずいですよね。再感染リスクや再感染者が他の人に感染させてしまうリスクなど、まだわからないことが多いのですから。
また、陰性だった人は不安になって再度、検査をしたがるでしょうから、検査薬も多いに越したことはないでしょう。私の知り合いは抗体検査したら陰性だったので念のために1つ1万五千円のキットを10個買ったと言ってましたし。
ロシュの抗体検査薬、正しく陽性と判断する感度が100%で、正しく陰性と判断する特異度は99.8%超とのこと。偽陽性がないのは抗体検査薬的にはよいですね。月間生産量を5000万個から1億個にとのこと。他メーカーも合わせるとアメリカの人口をカバーするのは早そうですね。
ドイツはこれで徹底した対応ができたようですね。