新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すでに取り入れている企業もあるようだが、ぜひ日本でも本格的に導入して欲しい。 全ての課題解決にはならないが、できることはスピード感を持ってやる、という姿勢が大切。
“日本総合研究所の山田久副理事長は「休業が長期化すれば、補償が財政を圧迫し国民負担が増える。出向の形でしか正社員を他社に出せない就業規則など、日本型雇用の再考も必要だ」と話す。” に共感。
業態によって影響の強弱が完全に違う中で、広義のワークシェアリング。
一方で、特に米国の場合は雇用条件・契約によって業務内容が決まっている場合がほとんどだと思う。だからあくまで副業も可としたうえでの紹介くらいしかできないと思う。
ただ働き方が色々変わっていく可能性も秘めているように思う。
人材活用のうえで望ましいことではありますが、雇用調整助成金で企業を保護して解雇を防ぐ仕組みの中では難しい対応です。企業を保護して解雇を防ぐ雇用保障の仕組みを、企業を離れた従業員を直接保護する仕組みに改めて、人々が仕事のあるところで高い賃金で働ける流動的な雇用に変えていくことが、従業員にとっても企業にとっても国にとっても重要な時代になっているように感じます。
コロナ以降、多くの経済活動が低下し、多くの人が仕事を失うなどの事例が増えている。もちろん企業体としては組織存続の危機なのだ。

このような人たちをグループ企業や「他社」などの間で連携しながら雇用を守る対応するという臨機応変というか、大事なことなのだが動きが出ているという記事。

いうれしいことだね。日本では考え方として、やや発想しにくい事例かもしれないが、コロナはグローバルであるパンデミックになっていろいろな海外の事例もいいヒントになっているのだろう。

コロナというグローバルな危機にたいして、人々の雇用を守ることは大事なことで、知恵と行動のいろいろが、民間ベースで動いていることはうれしいことだ。

コロナに対抗して余剰人口が出るサービス業などのビジネスの一方で、人手が足りなくなった業種もある。そのような間で「解雇」ではなく、人材の移動での対応。

このコロナ騒動の中で明るいニュースというか、うれしい事例の紹介だ。
従業員シェアは個人的にはもっと広がっていくとよいと思うのですが、その背景には解雇が難しい日本の法的な問題があります。その中で、従業員シェア自体が法規制上問題にされないといいなあと思います。
Covid19前とは、異なる”シェア”。より柔軟に動けたところが、今後
伸びていくと思えます。