新着Pick
103Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
言語によって含まれている情報が変わる、というのは、機械翻訳の大きな壁なのだけど、「情報が足りない」というのを認識した上で、両方の情報を出せるようになった、というのは大きな進歩。とはいえ、それぞれペアで学習して区別できるようにした、という感じなので、完全に機械翻訳に頼れるのはまだまだ先かなあ、という気も。
ペアで学習しなくても、「なんか男性と女性で違うぞ?」みたいなのをコンピュータが自力で発見できるようになったら、一気に翻訳技術の向上が進みそう。「こういう場合ならこうだし、こういう場合ならこうだよね」って感じになるのは、男女だけの話ではなく、例えばシチュエーションなどでも色々あるはず。
AIがもっと徹底的な役割を果たすためにはこのような細かいところが大事だと思います。言葉によっては男女それぞれの口調、文法の違いもありますので、このような対応ができるようになると良いですね!欲をもう一つ言うならば、人と人との関係性もAIが対応してくれるといいなと思います。例えば、友達関係なのか、初めて会う人との会話なのか、年配の方に対する言葉なのかによって違ってくると思いますので、こちらもぜひ対応してくれると良いのではないかと思いますね。
名詞に男女の性別がある言語は大変ですよね。

日本語にはそういうの無いから、
「私の医者はそう言ってたよ」
では、医者が女なのか男なのか分かりませんよね。

英語も名詞にはほぼ性別が無いけど(船はsheとかあるけど)、ラテン系言語は細かくジェンダーがありますよね。
ジェンダー別に名詞が変わると、確かに話に出てくる対象を想像しやすいし、他の言語へ翻訳する時に楽ですが、英語しか分からない私には、「そんなの覚えるの面倒くさい〜、1個にしてよ。」とズボラな性格から思ってしまいます。

ポルトガル語だとaで終わるのが女性で、oで終わるのが男性だから、私の名前はreikoで男になっちゃうんです。笑
Danieloは男、Danielaは女。
愛称になっても一緒のルール。
ロナウドの愛称、ロナウジーニョもoで終わります。
女だったら愛称はロナウジーニャになります。www
ブラジルに行った時ジャピーニャと呼ばれましたが、それは日本人(の女の子)としての愛称。男の子ならジャピーニョ。

aとoで見分けがつけば簡単ですが、きっとそうじゃないラテン系言語多いですよね?

名詞だけならいいけど、動詞も性別で変化する言語も沢山ありますからねー。ほんと、言語って大変。
3年かからないでもっと言葉の壁がなくなるかもしれない。

DeepLの存在がどこまでGoogleが意識しているかわかりませんが、複数のプレイヤーがいることでサービスレベルが高まるのは間違いない。

その時におきるもう一段大きな情報のフローにはっておきたい。