新着Pick
150Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
情けない。あまりに情けない。国民にステイホーム、ソーシャルディスタンスの必要性を訴える立場の人が、狭い場所に大勢で押しかけて「人数制限があるって聞いてなかった」。普通、どこであろうが写真を撮る際は「写真撮っていいですか?」って聞くべきなのに「写真NGって知らなかった」。
国会議員にとって、視察は仕事ですよね。いま民間企業は、在宅勤務率8割を目標に必死でもがいています。どうしても出社しなければ仕事にならない人も、会議や打ち合わせはほぼWEBだし、フロアー移動も禁止、エレベーターに乗るのも気を使う。そんな状況下での「視察」にしては、あまりに緊張感が欠けるのではないか。
そもそも、安倍総理や菅官房長官の後ろを通るとき、いくら狭くてもわざわざ腰に手をあてて行きますか。絶対にそんなことしないでしょう。意味がわからない。
人気 Picker
国会議員の視察は必要なことですが、視察が目的化し、写真を撮影して活動報告に活用して終わりということになっていないか、その効果が疑わしいものはままあります。また、永田町の常識は世間の非常識と昔から言いますが、いまだ社会の変化に最もついていけていないのが国会議員かもしれません。議員は「えらい人」ではなく、国民のために働く立場であり、模範でもあるべき立場です。相変わらず、政界全体が弛緩しているようにも思えます。こんなときに。
これが国会議員、ましてや元大臣が行った行為とは信じ難く、悪夢を見ているようです。
情けない出来事ですが、これまでなら声を上げられずに泣き寝入りしていたかもしれない中、弱い立場の人がビシッと指摘し、国会議員側が謝罪したことは、よかったと思います。誰もが発信できるSNS時代、最近はその弊害を指摘する声も多いのですが、今回は発信が社会に大きな便益をもたらすことを改めて見せてもらいました。
これ、Twitterでかなり話題になってますね。代表の方がPDFでかなり細かい抗議文を公開しています。相当な内容。
ショックでコメントするまで1日かかり。なぜダメか。
1、虐待や性暴力被害にあった10代の女性らに、カメラを向けて、触った
→人権侵害です。セクハラは違法です。さらには、彼女らがトラウマにわずらわされる可能性もあります。
1、小さなカフェに15人で入った。「5人程度」というのが伝わっていなかったなら、5人ずつ入ることもできたはず。
→誰が感染しているか自覚症状がなければわからないという新型コロナの最も恐ろしい特徴を無視し、カフェにいた女性らの「生命権」を危険にさらした
このような2重の違法行為を認識していたのであれば、これは「視察」ではなく、単なるゲスな興味本位、自己中心の訪問だったのでしょう。
「虐待や性暴力の被害にあった少女たち」という最も大人の男性に恐怖心を持っていて、精神的ストレス抱えやすい対象にセクハラを仕掛ける。他者への思いやりが全くない人間が政治家をやっていることが恐怖でしかない
こういう事が時々あるので国会議員は尊敬しにくい。優秀な(能力も心も)若者が目指したいと思う職業ではなさそうだ。となると、益々劣化して、益々いい人材が寄り付かない負の連鎖が起こるだろう。いや、これから起こるのではなく、すでに起こってきた結果を今見ているのか。正しくは、途中経過なのだろう。
言葉にすればたったひとこと「虐待や性暴力の被害にあった少女」ですが、そういった女性への想像力が欠如しているような気がしました。すぐに謝罪されたそうでそれは少し胸をなでおろしましたが、国会議員という仕事に就かれている方だからこそ、ぜひ、社会的に弱い人に想像力を働かせて欲しいなと思います...