新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「景況感」という感覚的なものだけでなく、
データに基づいて個人消費の動向を判断し、
重要な政策判断を行う時代が予期せずして
やってきてしまったと感じています。

まさにEvidenced Based Policy Making
(EBPM)時代の到来。

このトレンドは、危機に際して加速したが、
「不可逆的トレンド」だと考えています。
次に景気が回復するプロセスも、
同じくデータに基づいて確認されていく。

変化はいつも「突然に」そして「当たり前のように」
起こるものですが、今回のこともその例外ではなかったようです。

そして、一旦その「不可逆的トレンド」が始まると
その確認作業の精度をさらに向上させるために、
「人類の活動のログ」としてのデータが質量ともに
拡充されていく。そのための各種規制環境が整備されていく。

インフルエンザの予防接種を行う前に測る体温が間違って
いたら困る。だからそこで使う「体温計」の精度を高める
のに誰も異論を唱えず、精度の低い(または体温を測るのに
時間がかかる)やり方に逆戻りすることを誰も望まないのと
同じだと思ったらよいでしょう。

歴史が、非連続的な速度でビュンと進んだ瞬間です。