新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
逆効果になるかもしれません。
中国は国際協調を強調しているつもりなのでしょうが、中国が国連および国連専門機関に対する影響力を強めようとしていると警戒する米国や欧州の一部の国々は、余計に警戒感を高めると考えられます。
WHOがますます中国の言いなりになって中国の出先機関のような振る舞いを始めたら、各国の不信は高まり、中国だけでなく国連の権威も下がりかねません。国際社会にとって、良い結果とは言えないでしょう。
米国は、米国が出資しなければWHOは困るだろうと考え、米国の言うことも聞くように圧力をかけたつもりかもしれませんが、国際社会を二分化する恐れもあります。
中国の意図に警戒する国々もあれば、医療面でも経済面でも中国に頼らざるを得ない国々もあるからです。その主要な原因は、中国以外にそれら国々を支援する余力のある国や国際機関がないからです。欧州内でも、ドイツ、フランス、オランダ等は中国に対する警戒を強める一方、イタリアやセルビアは、中国の支援を歓迎しています。その外にも、EUが全く支援してくれないと不満を持つ中東欧諸国もあります。
中国の意図を警戒する国々が、国連に対する信頼を低下させれば、国連の国際問題解決能力も低下します。
WHOにとって中国の寄付はありがたいでしょうが、それとは別に、国際社会が中国に臨む情報開示を、WHOも毅然とした態度で中国に要求すべきでしょう。そうすることによって、中国の言いなりになっているというWHOへの批判を少しは緩和することができるかも知れません。
中国は、WHOにお金出す前に、世界中に謝罪し、損害賠償をするべき。
内心こういう展開を懸念していたけれど、やっぱり・・・ 米国は次にどんな手を打つものか。手を打つにしても無視するにしても、国連機関を舞台にこういう形で米中の確執が拡がると、国連が世界の調整機関としての信頼を失い、機能しなくなって行くように感じて不安です。
WHOへの中国からの寄付。米国が自国第一で凝り固まっている間に、色々な国や組織に中国が深く侵入しています。
中国が世界保健機関(WHO)へ3千万ドル(約32億円)を寄付すると発表した。既に2千万ドルを寄付している。アメリカが拠出金を凍結したスキに中国が間髪入れずとった措置。WHO予算への最大の拠出国になりつつある。凍結は逆効果ではないだろうか。
ズブズブだったのが、ズブズブズブになる可能性がありますね。
米国が資金拠出を停止する方針を発表する中で、中国が32億円の寄付を発表。アメリカのWHO批判がある中で、さらに中国との距離が近くなりそうな展開。
わかりやすっ
WHOじゃなくて、WHO?に改名しては。
これは世界史的にみると超大国アメリカと新興超大国中国の覇権争いのごく一部です。米国はWHOをはじめ国連各機関への影響力を資金を出さないことによって維持しようとしている一方で、中国はそこにつけ込んで資金提供して中国に頼らざるを得なくなくしようとしている。この局面では明らかに米国の戦術負けです。中国はこれに乗じて、より自国の影響力をあらゆる分野で広げようとするでしょう。古代ギリシャの歴史家が言ったツキジデスの罠、新興国アテネに恐怖心を持ったギリシャ世界の盟主スパルタ。結局新興国アテネが勝利しました。
さて、日本はどうするのでしょうか。いままでのように、どちらにも気を使い、何もしないと言う、戦略の無い対応をとるのか。それとも同じ価値観を共有するのは共産主義(国家独占資本主義)か、それとも民主主義(ポピュリズムに寄りがち)なのか。それとも孤高を貫くのか。・・・いづれにしてもWHOも含めて、この非常事態において政争の具で遊んでいる場合では無く、情報共有しながら何がコロナ対策として正解なのか、台湾も含めて全世界で共に考え、行動するべき時だと思います。
WHOが1月に厳しい姿勢を示していたら、オリンピック開催を考えていた安倍首相は困ったことになっていたでしょう。その時点でのトランプ大統領も他人事のように、安倍に任せるなどといっていました。ついこの前のことです。