新着Pick
269Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
取り上げて頂いて感謝です。コロナ前後で販売数は倍増しておりますが、その背景として、宅配ボックスが「不在時に使うもの」から「在宅でも使えるもの」に変わった事が、宅配ボックス普及率1%(戸建の場合)という限られていた宅配ボックス市場規模を拡大しており、今後の再配達問題の解決には非常に重要な転機になったと思います。

その上で、宅配ボックスの普及と同時に、最上流でユーザーが置き配/宅配ボックスを選択出来る環境を整える事が、設置された宅配ボックスな利用率を上げるうえで重要です。それが今回楽天様と協業させて頂き進めている事業のポイントです。今、コロナ感染対策で大手配送会社様も暫定的に「玄関前配送」を実施していますが、インターフォン越しに住人の了解を得る事が条件です。ここが、事前に選択でき、荷主の置き配指定で物が流れる事で、チャイムなし配送等、現場の配送効率も更に上げる事が可能です。

最後に、宅配ボックスの普及が限定的であったのは、玄関前の貴重な空間を宅配ボックスで占領する価値がない、と判断されていた事が一因です(再配達が無料ということも大きな要因ですが)。記事にあるような、発送機能も付与する事で、玄関前物流を活性化し、宅配ボックスの価値上昇→宅配ボックスの普及→再配達減少、そんな流れが作れないかレンタル品(メチャカリさん)の返送でトライアル中です。

OKIPPA考案時に描いた構想の一つが実現しましたが、国内の再配達率を今年度中に10%以下に下げられるよう、引き続き、邁進します。
元々は再配達率を下げる事が目的な置き配。目的が事業者寄りなので定着へは時間がかかる印象でしたが、コロナで一気に認知され一定数定着しそうです。物流全体が伸びる状況の中、再配達という無駄はより無くしたいですね。
一人暮らし用賃貸では宅配ロッカーはないので「あ、玄関に置いておいてください」というケースがよくあります。日本は安全なのでほとんど何も起こりませんが、怖いといえば怖い。まさかコロナでこんなに広がるとは。
まさ顧客のニーズを満たすサービスとして、脚光。
在宅率は大きく上がっている一方で 在宅していても人との接触を少なくしたいという人も増えた。 配送員も接触機会減らせる。
「ピンポンダッシュ」 ならぬ「ピンポン 玄関先へ置いていきます」 の配送方法は徐々に広がってきている。 ピンポンなしで置き配も含めて 宅配ボックスの活用など ラストワンマイルのチョイスが増えてきた。 新しい受け取り方がAfterコロナも視野に入れて どう受け入れられていくのか 注目したい。
苦難の時にこそイノベーションのタネがある。
このビジネモデルが成立するレベルの治安が保たれている日本社会に感謝します。
OKIPPA 内山智晴社長の言う通り、#再配達 をゼロにしたいと自分も思っています。
再配達率は、毎年悪化し、2019年には、19.22%(ウケトル調べ)になっています。
何とかせねば!
http://uketoru.net/category/%e5%86%8d%e9%85%8d%e9%81%94%e3%82%bc%e3%83%ad%e3%81%b8
内山社長率いるYperさんの取り組みには、陰ながらずっと共感させて頂いてきました。いよいよ大手ECと連携ですか。感慨深いです。
普通の人は何言ってるかわからないかもしれないんですけど、電話がかかってくるとか、家のインターフォンが急に鳴って出なきゃいけないとかっていう、プッシュ通知型の人との関わりがとても苦手な人間ているんですよね。自分もそうなんですが、なので、そもそも、通販は便利にしても、インターフォン鳴るから、躊躇します。こういうのすごく嬉しいです。少なくとも管理人がいて監視カメラがあるオートロックのマンションは盗難リスクもとても低いと思うし、感染症防止にも、時間節約にも、いいことづくめな気がします。
昨年、物流の人手不足から置き配に期待が集まる中、日本郵便と連携したことでOKIPPAには注目していました。
今度は楽天ですか。
コロナでeコマースが活発になる一方みんな家にいるから、置き配は需要減かと思ったら、「むしろOKIPPAの注文数は増加」。
そうか、在宅でも手渡しじゃなくて玄関に置いてもらう反コロナ需要が高まったか。

業績