新着Pick
191Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今これだけの苦境にあるアメリカの財務長官が「夏終盤までに大半が再開」との見通しを示したという事実は、注目すべき。
あてずっぽうの「期待」ではないはず。
人にはそれぞれ持ち場があり、医療の現場の取り組みに報いるためにも、社会や経済をどう回して行くのかという視点を持つ必要がある。
各国の政府や経済人は生活や仕事の「new normal」を求めて必死に取り組んでいる。先行している国もあり、まだそこまでいっていない国もある。日本は、各国のステージに応じたアプローチをしっかり調査し(この点日本の官僚やシンクタンクは極めて優秀)、官民がしっかりスクラムを組んで日本にふさわしい「new normal」を切り拓いていくことになると思う。

今は「守り」だが「攻め」に転ずる時はそう遠くないと思う。「日本再興戦略」のようなものが出てくる期待もある、というか医療従事者以外の「その他」の人々は、それを考えるべき。

若い世代の新しい発想が生かされ場面はどんどん広がっているし、それは誤解を恐れずに言えばチャンスでもある。もちろん、私も新しい枠組み構築についての議論を色々なところで始めている。

なにより「思考停止」は最大の敵であり、頭は使わなければ鈍ってしまうことを思い起こすべき。

そのためにも、感染拡大や、医療の崩壊は絶対避けなければならない。一人一人の慎重な行動、Stay Home は必須。特にゴールデンウィークに慎重な過ごし方が出来るかは、これからのわれわれの生活を左右することを、肝に銘じたい。
上院が4840億ドルの救済案を可決したことを受け、巨額の財政赤字を考慮しつつも必要な額を適切に使う、そして企業支援が効果を発揮して8月ころまでに「米経済の大半が再開する見通し」と語ったということで、経済活動の再開に前向きなトランプ政権の財務長官としてホワイトハウスの期待感を表明したにとどまるんじゃないのかな・・・ 4-6月を底に急回復してくれると良いのですが、実際のところはもう暫く様子を見ないと分からないように感じます。
中国、韓国で人が動き始めています。

特に壊滅的だった旅行者が宿泊をともなう移動をしていますので、ある程度の封じ込めができたら国が大きく内需が強いアメリカは比較的早く7割程度まで回復すると考えます。

日本もアメリカ同様内需の国ですしアメリカより感染収束が早いかもしれないので早めの回復が考えられます。
それでも夏終盤。今のところは引き続きロックダウン(本日40日目です)

なんかアメリカに住んでいると、倒産やらレイオフやらが止まらない状況で世の中が音を立てて変わっていっているのに、家にいるしかないということが、飛んでもなく「日常化」していることが恐ろしいです。
再開することを期待していると言っただけ。財務長官としての期待。しかも4か月先のことを。
だんだんと大統領選挙が近づいています。
今はバイデン氏の存在感は薄いですが、かわりに、州知事達のボスとして、ニューヨーク州クオモ知事が、民主党の存在感を見せている感じです。
人口が多い大都市は民主党支持者が多いので、トランプ大統領の得意とする経済対策に注目させて、早くトランプ大統領に楯突く州知事の存在感を低下させたいという思惑ではないでしょうか?

なんと言っても、給付金の小切手に自らの名前を印刷させたトランプ大統領ですから。

夏終盤とは、レイバーデイ休暇を念頭に置いていますね。
毎回、大統領選挙が本格化するタイミングです。
どこかで見切り発車するしかない
とはいえ米中経済戦争を背景に決断を急いでいるのであればそれは大変なことだと思います。
何かというと、コロナ騒動から表面上早期に復帰した中国が、米国が凍結している中で経済侵食を図った場合には、かなり彼らの思惑が達成される可能性がある
それに対するけん制としてこのようなことを言っているような気が20%くらいします
そうじゃないことを願いますが。。。
「米国経済の大半」が何を指しているのか、よくわかりませんが、夏終盤までには再開をという発言が、単に選挙スケジュールから逆算されたものでないことを願います。「再開」から「正常化」への舵取りも、なるべく政治色を取り除いて、焦らずにやってもらいたいものです。今年の大統領選は微妙なタイミングになりそうです。
武漢は閉鎖から解除まで2ヶ月半です。

なんで中国と韓国のニュースがこんなに少ないんや。
なんで欧米ばっか見るんや。
中国と韓国は再会してるんちゃうのん?
1ヶ月以上ロックダウンしてるアメリカで夏終盤って・・・5月で緊急事態宣言終わるって考えてる日本完全頭お花畑状態ですね(笑)