新着Pick
473Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
医療防護服などPPEの世界的不足の中で、今ファッションにできることは何か。

この業界では仕様書を間違えても人が死ぬことはない、と言います。また自然災害の際に、ファッションにできることは何もない、と。今回の危機は不必要で無駄の多いファッションやそのシステムのへの挑戦です。なぜなら日常必要な衣料は世界的に在庫過多ゆえ、しばらく何も作らなくても何の支障がありません。

今世界的な不足に陥っている医療防護服は通常、医療関係企業が扱い、アパレルが作るものではありません。でもフランスはルイ・ヴィトン、イギリスはバーバリーなどファッション企業が立ち上がりました。

私のこの団体は今まで数々の自然災害の支援で義援金を集め、全額寄付してきました。今回はメンバーと協議し、団体(義援金で医療防護服量産)、企業(自社工場生産)、個人(作り方シェア)レベルで同時進行しています。

まだ3週間ですが、お金も時間も最もかからなかったYou Tube動画やサイトを使った情報共有がバイラルで世界中に広がりました。そもそもSNSをしない私が動画をアップするなど、恥ずかしかったのですが、こんな危機だし、家の中にいてどこへも行けない!という状況なので、この危機に役に立ちそうなことをしようと、2−3時間でサンプルから型紙を起こして作ってみました。型紙や仕様書など私はやらないのですが、人に頼んでいると時間がかかるので自分で作りました。Googleスライドで作りましたが、その「私でもできる」感がよかったのか、ミシンを持っている人が立ち上がり、各医療機関やホスピス、介護施設に作って届けているようです。数日中にオーバーコート社から日本語でもミシンさえあれば「誰でも作れる」製作方法、量産用型紙も出ます。

ポジティブバイブなN Pコミュニティーで取り上げて戴きありがとうございました。このレコタナが作ったグローバルマップは、自分レベルでできることをしよう、と立ち上がった人たちのいるホットスポットです。世界的な危機に個人や団体で微力でしかお手伝いできませんが、一人一人できること持寄るコミュニティーが世界に出来つつあります。
ファッション企業の支援策というとメッセージキャンペーンに傾注しがちな中、ガチのやつです。すごい。
希望を与えるメッセージでなく行動が人に勇気を与える。
花澤さんの本気度を是非感じてください!

以下引用

今回の危機で活躍しているのは、実は持ち運び可能な裁縫キットを持っている、ごく普通の人たちなんです。
こんなにそういう人たちがいるんだと正直驚いています。アメリカにはキルト文化が存在するので、当然ではありますが。
政府配布の妊婦用マスクに髪の毛や虫が混入していたというニュースがありました。マスク生産工場の衛生管理が確実に行われているか?という問いがこのレポートにもあります。

「情報のオープンソース化」によって、個人や地域コミュニティでマスクを生産できます。清潔に、丁寧に。しかも自分の好みに合わせたマスクやPPEガウンなど。

パンデミックをレスキューする手段のひとつが「情報のオープンソース化」であることを我々人類は知りました。
新型コロナ感染対策を自分ゴトとして捉えて動くことそのものに敬意を表したいです。「自分たちの街の医療従事者を、自分たちで守っていかなくちゃいけない」。日本もこの意識が大事だと思います。外出自粛も大事な貢献ですが、自分の得意なことを通じてどんな貢献ができるかを真剣に考える時ですね。
痺れました。私も片足ファッションに突っ込んでた人間なので、医療用ガウンの型紙を作ってアップする事ができたか、と目から鱗です。

それから、意外とプロ並みにファッションキットを揃えている人、いると思います。私もその1人です。

20年前にイギリスの大学でファッションデザイナーを目指して勉強していたので、パターンを引くカービング定規、布を裁断するローラーカッターも、未だに手元に残しています。
もう売り払っちゃいましたが、家庭用オーバーロックマシーンも持ってました。

日本に戻って来てから実家の自室(たった6畳ぐらい)で、服を作っていました。東急ハンズで、薄めのでっかい板を買い、ベッドの上に置いて裁断しました。
これぐらいのツールのバラエティならば、おそらくファッションデザインをかじった人間なら持っているでしょう。

ただ、やはり問題は生地ですね。
マスクもトリプルガーゼは元より、ダブルガーゼは、どこも売り切れの品薄。ガーゼと合わせる柄物生地を買っていた布やさんも、注文殺到のため、オンラインショップを一時中断したりしています。

一般人向けマスクなら私も絶賛制作中ですが、医療用ガウンとなると、好きな生地でテキトーにつくるわけにはいかないので、生地をなんとかしないといけないですね。
花沢さんの素晴らしい行動力に脱帽です。米国では都市部以外で医療資材が特に不足していることや、郊外の病院・ホスピス・ナーシングホームにはPPEが回っていないことなど、勉強不足で知りませんでした。ファッションマスクができたら、購入させてもらいます。
ポンチョ、マスク、医療服など、何から何まで足りないとのことなので、自分でアクションを起こすしかないですよね...文中に記載されていましたが、情報のオープンソース化、統一化は極めて重要です。1つの情報を見れば、みんなが同じクオリティで完成させられるように情報を集めて、共有しなければです。
これは凄い。もっとメディアで取り上げて欲しい。
サイト見るとフェイスガードやマスクまで仕様書ダウンロードできるようになってる。
物資や金銭という直接支援が非常に困難な状況では、情報をオープンソース化し、自分の身を自分で守れるような仕掛けをしていく方が有効なケースがある。
花澤さん自体がファッション業界に誇りを持っており、貢献できることが無いかと取り組まれている姿勢は、きっと他の業界にも通ずるものがあるとと思う。
凄い。まさにオープンイノベーション!
テクノロジーを活用して、ドメスティックでハードルの高い産業が変わっていく非常に良い例
我々のような食産業もこうやってなにかを節目に一気に変わっていくんだろうな。