新着Pick
280Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは大変ですね。若者たちがどんどんバイトを失い、生活に苦しいんでいます。最近はウーバーイーツのバイトをし始める大学生も増えているようですが、それも都心の話です。4月からの授業がまだ始まっていない学校も多いですが、学校側から学費対策はもちろん、学生たちの生活サポートが組まれるとといいのではないかと思いますけどね。
事業縮小や倒産が予測される中、救済措置の検討、早期の実施が求められる。
学費を払えない場合、即退学は避けたい。
大学が出来ることは学費の延納や減額などだろうが、さすがに世界的に経済後退の局面になるなかで、学生を救済するのも難しい。そもそも大学に資金がなさ過ぎる…。
学生にとって恐ろしいのはさらにここから。今の社会構造だと企業はほぼ間違いなく雇用の維持に意識が回り新卒採用は絞る。正社員で採用される実数が世代としてガクッと減り20年前の氷河期の数倍のインパクトがある
若者たちへの支援は必須。
特に教育に関しては大学教育の枠組みを見直して、無償化しても良いのではないかと思い始めている。

そのためには、大学の学部などのレギュレーションを、しっかりと定めるべきなのですが、それがたぶんすごく難しい。
次世代への投資を行わねば、国家の未来はないわけだから、全体の配分バランスを良く考えていただきたいと思います。
「学費が払えないまま学籍を失う人」を生んではいけない。
授業料の免除や「出世払い」なども検討し、大学と国は若い世代を断じて守るべき。
併せて、多くの資産を持つ伝統ある大学は、これまで先送りしてきた「保有する資産の有効活用」をこの際真剣に検討すべき。すべての大学に一律にあてはまるわけではないが、かなりの資金を「資産の活用高度化」から生み出せるところがあると思う。
雇用調整助成金あれども、シフトを出していたらもちろん適用ですが、シフト出していない中で適用させる企業はキャッシュリッチな一部企業のみ。最初はわかりやすい変動費のカットから着手する中、どうしても大幅カットになってしまいます。
助けてあげたいけど何もできない…不甲斐ない。
やっぱり雇用を創出できる人ってすごいですね。
何かできないかなぁ。

色々考えさせられます。
本当、コロナの件で、何をすべきか。
どう世の中に貢献すべきか。
今までに考えた事がなかった視点から色々考えさせられます。
これもコロナ帰省(地方の感染拡大)に寄与していると思う。各地方が燕市のように帰省しない地元出身者に米などを送るプロジェクトが走れば皆が喜ぶのになとは思います。
飲食のバイトだとまかないで、一食うかされる事考えても厳しい。
株式会社時事通信社(じじつうしんしゃ、英語: Jiji Press Ltd.)は、1945年11月に創立された日本の民間通信社である。国内78カ所、海外27カ所の支社や総支局を有する。 ウィキペディア