新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
チェイスの第1四半期の収益は前年同期比2.6%のマイナスだが、利益が69%のマイナスに。その要因はクレジットカード引当金。貸し倒れが相当増えると予測してのことです。

いっぽう、傘下のマーチャントサービスは好調。大都市でのロックダウンにも負けず、カード取扱高は5%アップしています。スーパーの取扱高が増えたのが要因。なんと前年同期比100%を超える増加になりました。

ロックダウンで、消費者が買いだめに走ったためです。しかし、旅行・娯楽の利用は前年同期比100%近くダウンしています。これからは好調なカード部門も試練に晒されそうです。
貸倒引当金の計上が急増し、大幅な減益に。
新型コロナウイルスの金融機関への影響も浮き彫りになっています。
【米モルガンS、第1四半期32%減益 新型コロナ影響継続と予想】
https://newspicks.com/news/4826235
引当金による減益は致し方ないところではあります
ただこれが金融危機につながる可能性は低いでしょう