新着Pick
252Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事自体は一面の現象を捉えた極端なものだとは思う。
ただ、今回の新型コロナウイルスの蔓延は、日本の社会に強制的にオンライン会議などのデジタル化を推進させる後押しをしたことは間違いない。あ、これでも会議できるんだ、とか、そういったことに、おそらく年齢がある程度上の方も気がついたことは悪くないことではないだろうか。
「テレワークできる」仕事、という観点もあるかもしれませんが、こういった事態でもビジネスとして成立しやすい、という観点の方が強い気はします。

今後は働き方だけでなく、働く場所、働く環境、危機にも耐え得るビジネスモデルかどうか、という視点も重視されそうですね。
転職できるかは別として、リモート化によって少なくとも交通需要は元に戻らないでしょうから、他業界への転職希望者が増えることは良いことだと思います。
IT業界がテレワークかどうかはさておき、テレワークできる会社の人気が高いというのは、企業経営への重要なシグナル。テレワークも導入・実装できない会社は将来性がない、という見られ方でしょう。
テレワークに対応しているからというより、コロナでもつぶれなさそうという勝手なイメージではないでしょうか。
「テレワークできる」のはIT業界だけではありませんよ!
その点だけご注意された方がよいかと思います。

あと、ポスト新型コロナウィルスの時代で「喉元過ぎれば熱さを忘れる」業界と、そうでない業界に二分化されるので、前者に行くべきでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
IT業界の中でも、動画、EC、通販周辺、食品がらみなどは好調ですね

B2BのITという目線ですと、オンライン面談系の会社さんは人気が今すごいあるなと感じます

ベルフェイスさんのような会社さんですね

Zenkigenさんですとか

SaaS希望!という個人の方が多いのですが、SaaSのスタートアップは沢山できたものの好調の会社は一部です

そこの見極めがわからないので教えて欲しいとよく言われますね

数が多すぎてよくわからないと

そしてまたマーケット捉えてない会社も多いです

次のラウンドでは調達できる会社できない会社

かなりのダウンラウンドになる会社など投資家目線とエージェント目線でスタートアップを応援しております📣
IT業界なら…というステレオタイプな考え方は危険ですね。顧客の開発環境に詰めている人も多いし、運用支援などの業務も現場でなければできません。

テレワークなど在宅で、自分の価値を発揮できる能力やスキル、更にコミュニケーション力を有しているのかをよく見つめて、それで十二分の価値が出せる職業、職種を選ぶことです。
ようこそ!

とりあえずプログラミングスクールの教材3ヶ月やって月収100万!とかないですからね!そこんところお願いします!

こってりゴテゴテSIerの内側にいるとプロパーでもジョブ型になりつつあるのに気付かない人多いんですけど気付いたら失職してますからねこの仕事。できる人とできない人の差が激しい、苛烈です。
IT企業やWEB系の企業は元々テレワークが出来る環境が整っている会社が多いので、今回も比較的早くテレワークが始まっていると思います。

テレワークが出来るというのは良さの1つでしか無いと思いますが、今後IT企業、WEB系企業の人気は高まるだろうなと思います。
株式会社学情(がくじょう)は、大阪府大阪市北区に本社をおく就職情報誌会社。 ウィキペディア
時価総額
179 億円

業績