新着Pick

マスク争奪戦「ゲリラ販売」でも限界…ドラッグストア、「店内待機」する客に苦慮

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
198Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
高齢者がほとんどのようだけど行列に並んでいると自身の健康リスク高い上に、他の人へのリスクにも思いが至っておらず醜悪な振る舞い。もしかすると認知症で合理的な判断できなくなっているのかもしれないから、社会的な害大きいし親族とかが全力で止めさせるべき
マスク争奪戦が繰り広げられていると以前から報じられていますが、道行く人々のほとんどがマスクをしています。

品薄であれば、マスクができない人たちが増えてくるはずなのに。

おそらく、多くの人々が「マスク備蓄」を図っているのではないでしょうか?
つまり「買い溜め」です。

買い溜めをするから店頭からマスクが消える。
まさに「合成の誤謬」そのものですね(^_^)
高齢者のマスク購入を条例で禁止して、高齢者にはちゃんと行政が毎週7枚配ってあげたらどうでしょう?何歳で線引きするか知らないけどそれでみんなハッピー。

正攻法としては、マイナンバーや免許証提示義務で販売規制。店頭スタッフの手間が大変だけど、行列のコントロールよりはマシな気がする。肌感だけど。
マスク、まったく手に入りませんね。
時間帯をずらしての販売に淡い期待を抱いていましたが、これではね…

事前申し込み制で、一人一回しか申し込めないなどの仕組みを作るしかないのでは? 携帯の番号などで紐付ければ、技術的には可能かと。もちろん完璧ではないでしょうが、多少でもベターな方法にしないと… お店の方も気の毒です。
健康のためにマスクを買うのに、マスクを買う事が健康を損ねてしまうという皮肉な状況です。

合理的ではないと分かっていても“不安“が勝ってしまいます。

こうなると潤沢にものがある事を見せるか、配給制にするしか不安は払拭できないです。
《SNSでは、ずっと店内にとどまり、マスクの棚の前に座り込んで待つ人や、駐車場でゲリラ販売を「待機」する人が報告され、新たな悩みの種となっているという》

近くの店でも販売方法が切り替わっていた。すでに新たな問題が出ているよう。
一日一枚(もしくは週に一回7枚)自宅に届く『マスク定期契約』とか出てきそうですね。
送料と手間賃含めた値段設定でも需要ありそう…
もうその契約者にしか販売しない形にすれば、店内待機する人は居なくなるし、直接店舗に買いに来れない人にも届けられるし、買い占めもできなくなるのでは!?
ドラッグストアの店員さん達に罵声を浴びせるお客さんも多いみたいで、店員さん達は疲弊してしまっている人も多い様です。
僕も実際にその現場を目の当たりにしたこともあります。
こんな時期でも働いている店員さんの苦労も考えて、せめて感謝の気持ちで買い物をしたいですね。
マスク買い占めのお年寄りは
①薬局内は三密
②マスクは予防効果なし
③買い占めるとマスク着用者が数秒が減るため飛沫感染リスク上昇
④年寄りの致死率は若年層の100倍超
てことから、自分が死ぬリスク上げてるだけってこと気付いてます?
先日ネットでウレタンマスクを1週間くらい待ったら普通に買えました。
健康な内は自分の飛沫が飛ばないように&白い目で見られないようにを目的としているので毎日洗って使っています。元々あった紙マスクは体調崩した時用に。
正直これで十分だな、と。元々紙マスク毎日捨ててたの、さらに前は朝と帰りの通勤で2枚使ってたの勿体無かったな、と。そしてそもそも外に出る機会も減ったのでマスクの需要も減ってよいはずかと。。