新着Pick
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2017年末に米国シンクタンクが、中国の世論工作を「シャープパワー」として排除し、以降、米中新冷戦の構造が固定化しつつありますが、米国が警戒感を高めたのは、それ以前から、中国の世論工作や諜報活動が活発に行われていたからです。
米中が以前から活発に諜報戦を展開していたことは、米中双方が、相互に「将来、覇権を争う相手」として意識していたことを示しています。そして、以前のソ連もそうでしたが、権威主義国家である中国では、スパイや情報提供者は裏切り者として悲惨な最期を遂げることになります。
中国は、CIAに送り込んでいたスパイから得られた情報に基づいて、国内にいる裏切り者に対する憎しみを果たしたでしょうが、今度は、米国に対する報復に出るでしょう。米中諜報戦は、ますます激化するでしょう。その大半は、水面下で行われ、表面化することはないかも知れませんが。