新着Pick
1975Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
激しく共感。
人気 Picker
今、持ってこられると一番困るのは2か月前の企画書ーー。
Beforeコロナの、計画は捨てよ。
なんて潔いアドバイスなのでしょうか。

現在のコロナ禍は「戦争」にも喩えられますが
確かに究極の有事に、平時のやり方を継続するのは
適切ではないのかもしれません。

まだ40代の若さとはいえ、 旧ソ連で生まれ、国家が姿を変えるのを見てきた、そして起業するたびに天国と地獄を味わってきた人だからこそ説得力のある言葉です。
Evernote創業者で有名なフィルリービン氏。

初耳なのが、初期のEvernoteは第二の脳を作るという事業計画だったということ。リーマンが起きて、フリーランサーや個人が活躍する時代がくると考え、個の時代にフォーカスした今のEvernoteが生まれたということが興味深い。
今の日本の経営者たちが認識すべき有事の対応ステップ。有事の対応には3つのフェーズがあり、中でも「フェーズ2」の対応が、事業の行く末を決定付ける、と。

フェーズ1で安全・安心にフォーカスして当座の危機を脱したら、次のフェーズ2でやるべきは、勇気をもって、1ヶ月前につくった事業計画を捨てること。その際には、個別の事情を顧みない総論のアドバイスを鵜呑みにしないこと。

フェーズ1が徐々に過ぎ、多くの日本企業がまさに今、このフェーズ2の対応に入り始めている印象をもっています。個別の事情をしっかりとすいあげられているか。戦略シナリオを考えぬけているか。そのうえで最善手を打てているか。常に状況が変化する中で、このフェーズが成否を分ける。

逆にダウンサイドリスクだけではなくアップサイドの機会も(特にアフターコロナの世界においては)あるはずで、フェーズ3において事業が復活し成長しているかどうかは、今と違う新しい世界になっていると認識できているかどうか次第。

今のタイミングだからこそ、考えておくべきことだらけですね。フィル・リービン氏、一度お会いしたことありますが、穏やかな性格の通り冷静なコメントが続きますが、とても有益な経験値に富む記事です
「会って説明する必要がないぐらいシンプルにする」というフレーズがググッときました。コミュニケーションのあり方が変わる時、より本質をシンプルにが大切ですね。
「金継ぎ」の発想ですか。なるほど。ちょっとしたことで全く新しいものに生まれ変わる。ベースに魅力があればこそ。アフターコロナを考える際、審美眼が必要なのかもしれません。

商品やサービスのコンセプトは美しいか。そのものは美しいか。プロセスは美しいか。売り方は美しいか。日本庭園を眺めるように、心を落ち着け、ものごとを鳥の目と、虫の目で見直すことが大切な時期なのかもしれません。
アフターコロナは地方が一気に活気を取り戻す気がしますね
そして記事中にある以下の言葉には感動しました。
まさにその通りだと思います。
「個別の事情を顧みない総論のアドバイスを鵜呑みにしないこと」
発信者が間違ったことを言っているとは思いませんが、発言には多くのバイアスや立場、媒体の特性、また、そもそも誰に向けた言葉なのかという細かな意味合いが全く変わってくるでしょう。
コロナ 危機に際して多くの経営者、投資家が ”新らしくなった世界”という言葉を使います。
何がどう新しくなるのかしっかり見極め行動する必要がありますね。

コロナとはこれから長きに渡って付き合っていくことになることがわかってきました。
焦ることなく”新しい世界”を探検していきたいと思います。
2ヶ月前の計画は捨てよ。

そうですよね。2ヶ月前には想定していなかったような新しい世界がアフターコロナに到来するですものね。

どんな世界になるのか、日々考え中です。
Evernoteがどのように危機を乗り越えてきたか?が興味深い

●リーマンショック前
大企業/エンタープライズ向け商品開発&セールス

●リーマンショック後
スタートアップやフリーランスが増えると予測→「個の時代」に適応した開発&マーケティング

危機から発想の転換をすること!
有事の時こそ新時代への思考の時間と考えて準備をするそのステップが大切である。素晴らしい示唆です。フェーズ1.関係者を守る。フェーズ2.事業計画を見直し戦略を選ぶ。フェーズ3.「新しくなった世界」に適応する。
この連載について
仕事が激減し、将来が不安。リモート勤務の孤独によるストレスが増大……etc 新型コロナウイルスの感染拡大は、経済や人々の生活に悪影響を及ぼし始め、仕事の中身や、働き方をも変えた。 しかも、いつ終息するかもわからない。 ウイルスの感染リスクと共に働くことを長期戦で考えなくていけない今。 働く人の給料、仕事の中身や働き方。就活やキャリア形成は、どう変わるのか? 識者とともに、不安を解消する糸口を探る。