新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
FRBが中小企業や地方公共団体のクレジットリスクを取るという画期的な仕組みです。アメリカは日本と異なり、公的な中小企業向け金融機関がないため、以前から融資の面倒詰まりが指摘されていました。

かつて日本の公的保証で問題になった既存融資の肩代わりを禁止しており、不正融資を防止するためのリスクシェアリング (5%以上は貸し手の銀行に持たせる)の仕組にするなど、よく練られいると思います。

問題があるとすれば、融資実行の処理スピード。銀行も一定のリスクを取るので一応審査はするでしょうが、これまで断って来たような脆弱企業にも貸し出すのですから、既存の審査システムだけでは対応し切れないでしょう。公器に徹してザルで通すとしても、様々な手続きは必要です。

倒産予備軍は急拡大していると思われます。実際の倒産をどこまで未然に防ぐことができるか、ここからが正念場でしょう。
2兆3000憶ドルという大きな規模もさることながら、「従来の市場の流動性と機能を維持すること」つまり金融機関を経由して市場に資金を供給することにとどまらず、「地方政府のほか、中小企業を含む一般企業」にFRBが直接的な資金供給を始めたことが異例です。同日、BOE(英国中銀)も、政府が一時的な資金不足に陥ったとき、市場を通さず政府に直接的に資金供給する財政ファイナンスもどきの異例の措置を発表しています。新型コロナウィルスが世界にもたらした資金の逼迫度合を如実に感じさせる動きです。
企業倒産の急増を防ぐには、とにかくスピードと量を確保することが重要です。日本も、前例にとらわれない手段を講じるべきだと思います。
下記がFRBのリリース。過去リリースなどと併せた検証を全部できていないのだが、多分発表されたものの具体化がほとんどだと思う。
記事に書かれている6000億ドル分はMain Street Lending Programというもので、2兆ドルの景気刺激策のなかに含まれているもので、財務省監督のもとでFRBがバレッジを効かせるもの(最大4兆ドルまで)。
また、3月23日に発表したPMCFF・SMCCF(Primary / Secondary Market Corporate Credit Facilities)も同様にFRBが保証をして民間銀行が貸すもので、これが850億ドルの保証で8500億ドルまで(前回金額書かれていなかった気が…)。
あとはTALF(Term Asset-Back Securities Loan Facility)
に担保として用いることができるABSにAAAのCMBSとCLOを追加。
https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/monetary20200409a.htm
最もインパクトがあったのは、FRBがついに3/22以降に格下げで投資適格債からジャンク債に落ちた、いわゆるフォーリン・エンジェルの支援を決めたことだ。これでハイイールドのスプレッドは急激にタイトになっている。もちろん、もともとジャンク債であったものは、対象外ではあるが、FRBのこのブレない流れは、問題が出れば何でもやるということであり、マーケットではその先には日銀のようにFRBが株の購入すらあるんじゃないの?というムードになっている。大事なことは、今回の一連のFRBの素早い行動で、いつの間にか、マーケットではパウエル議長凄いじゃん!という評価に変わったということである。もちろん、今回のFRBの行動は後々は功罪が問われるだろう。しかし、少なくとも短期的には、マーケットには超頼もしい存在となっている。
FRBが新たな資金供給策を発表。
「従業員数が1万人以下の企業に対する期間4年間の融資を民間銀行を通して実施するほか、新型ウイルスの感染拡大への対応に追われている州政府のほか、人口の多い都市や郡が発行する債券を直接買い取る」
これを受けてNYダウが上昇。前日比+285.80ドルの23,719.37ドルで取引を終えています。