新着Pick
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この時期は、大企業から中小企業まであらゆる経理の方と接する機会も多いですが、規模問わずこの時期の経理の方々は休日出勤、深夜残業をされているところもあります(もちろん働き方改革でだいぶ緩和はされていますが)。

リモートワークにも限界があり、完全導入できる企業もあれば、一部導入しかできない企業も多くあります。

決算作業ってそんなに命を賭してやるものだったのか、と最近疑問になります。

決算発表が遅れても人は死にません。
経理やIR担当の方々の健康を優先して欲しいです。

新型コロナが終息するまで、45日ルールを60日や90日などに変更し、株主総会の時期も変更するなど、柔軟な対応を金融庁お願いしたいです。
業績の面でコロナ問題発生の影響がまだ軽微な2020年3月期よりも、4月から始まった2021年3月期業績の悪化がどれくらいになるのか、の方が気になる投資家が多いと思われます。  

<追記>
他の方が記載されている監査法人による期末監査については、監査チームがクラスター化すると監査チームが全滅するので、全員在宅、ないしチームを現場部隊と在宅部隊で分ける等、誰かが生き残る作戦が必要でしょう。BCP(ビジネス・コンティンジェンシー・プラン)の観点から重要です。
2020年度の業績予想は出すのは困難でしょうね。。コロナの収束次第で全く落着数字は変わってしまう。複数ケースをシミュレーションして幅を持たせるやり方かな。
製造業など旧来型の大企業は急にオンラインで監査などできないでしょうからしょうがない。逆に延期せずに決算できるところはどこなんだろう。もの凄い危機管理能力があるということになる
「企業の間からは感染拡大の収束が見通せないため、来年3月期の業績見通しを示すことが困難だという声も」
変化の多い時代で先を見通すことは昔より難しくなっているとも言われてきましたが、新型コロナがいつ収束するのか専門家でも正確に見通すことは難しいのだろうと思います。長期化すればするほど企業への影響も大きくなり、心配です。
IR支援をしている私たちの周りでも決算発表延期検討企業が増え始めました。まともな精度で開示できない企業多数でしょう。

精度より今後の方向性を各企業は示してほしいと思います。
パンデミックによるものなので延期は別に問題ない。ガイダンスも当初は出さんでいいでしょ。どれだけ長続きするかで全然変わってくるから、んなもん誰も分からんで。真面目に予想するだけ、時間の無駄