新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイミーは飲食店のクライアントが多かったのですが個店から大手チェーンまで本当に大打撃を受けています..
インバウンド、家族連れ、集団などをターゲットにしていたところは昨対比で60%減ほどになっているという声を聞きます。
コロナ期間中に日本の素晴らしい食文化が壊れないよう祈るばかりです
串カツタナラーの私、ちょうど昨日初めてテイクアウトしてこれからはテイクアウトで支えようと思った矢先に、、、休業再開したらテイクアウトします!
コロナ恐怖から経済、金融、社会に今後与える影響を考えたら、それは第三次世界大戦と言える事態に発展していると言える。ウィルスから直接ではなく、間接的な理由で死亡率は今後急増していく可能性が高い。(特にこの業界は)
少々過激的ではあるけれど、「早く終息して元の状態に。」などという淡い願望は捨てて、個人も企業も生き残るためにどう考え行動すべきか、そのフェーズに入っていることをいかに早く受け止めるかが、鍵となるでしょう。
優しい言葉に慰められる必要はありません。現実を受け止め、真実を認知し、想定できるリスクヘッジに対して、正しく行動するタイミングです。
あとは地代家賃だけ。人件費は雇調金の大幅緩和によりほぼ賄える。地代さえ賄えれば飲食小売サービスのリーテール産業はほぼ固定費が無くなるので店を空ける必用が無くなり、一時閉店が続出するだろう。
英断→苦渋の決断
デリバリーやテイクアウトを→固定費が違いすぎる
この期に及んで自己責任、危機想定→分かるけど違う次元に生きてるとしか思えない
頑張って欲しい→頑張ります

この時期の本来出るはずの利益と休業する事による損失の差は一年分の利益額に匹敵するのではないかと。。。
社員比率にもよるだろうけど、流石に営業さえしていればその半分で済むはず。
感染拡大防止や従業員感情へのベネフィットもそうだろうけど抗議の意思も感じざるを得ない。
でもこうなると再開した時の顧客感情が味方してくれるのも確か。
ただ一つ言えるのは開けるのも地獄、閉めるのも地獄。
補償を求めてもキリないし、自分も含め特定の業界に税金が使われる(しかもインフラでもなければライフラインでもない)のは長い議論になりそうなので、何よりも現在の危機的状況を脱しつつ、爆発的な拡大を防げるガイドラインが出来るのが望ましい。
weekly ochaiでも話していた様に感染拡大エリア、個人の移動履歴などライフログを利用して各々の活動領域の許可システムにすれば経済は早い段階でかなり戻るだろうけど、要は中国的監視社会なわけで、そこのトレードオフは日本では難しいだろう。
なのでクラスター発生を相当な確率で抑えられるガイドライン、っていうのが一番理想。
緩やかで医療資源が逼迫しない程度の感染拡大を許容しつつ、みんなで最大限気を付ける、的な。
いいとこ取りだけど。
まぁでも高齢者施設とか難しいかー。。。
マジで八方塞がりで、今一番逼迫してるのは小売りとか飲食の経営なんじゃないかと。
前にも書いたけど、借入は相当出来るし雇用調整助成金もあるので殆どの企業でしばらく倒産や大幅な解雇はあり得ないと思う。それは政策的に上手いと思います。完璧な時間稼ぎで、仮に返済不能になって倒産する頃には他で雇用が発生しているはずなので大混乱は起きないのではないかと。
インフラ系以外は混乱期に大量の失業者出すと政府や役所も大変だろうけど、雇用の受け皿がある状態で倒産する分には影響少ないだろうからね。それなら連帯保証人が1人自己破産で済む。笑
そして必ず次も生まれてくる。
全体最適を考えたらそうなるよねー。。。ぐうの音も出ない。
取り敢えず生き残る事、withコロナの戦略を実行していく事、メンタル保つ事。笑
もう一度ワクワクしながら仕事が出来る様に頑張ろ。
休業は苦渋の決断だと思いますが、コロナが落ち着いた暁には、今閉店している店を積極利用したいと思っています。
トリキ好きとしては残念。
株式会社鳥貴族(とりきぞく)は、大阪市浪速区に本社を持ち、主に大阪府・兵庫県・東京都を中心に居酒屋「鳥貴族」を展開する企業。 ウィキペディア
時価総額
191 億円

業績