新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
問題解説動画を生徒たちが作るようになってから、記事で書かれている「好きなことをしつこくやり抜く」ことの重要性を本当に実感しています。
これまでは他の科目でつまらなそうに授業を受けていた生徒が、動画作成により学びに目覚め、真剣に授業に取り組むようになりました。
その生徒は、動画制作を通じて、自分の役割とクラスでの立ち位置がとてもしっくりいくようになった思います。

別の生徒2人は、動画編集力がとんでもないことになっています。
いくつかのアプリを駆使しながら、アバターに話をさせているように見せたり、CG的な映像を効果的に挿入する。
ニコ生の画面を普通に再現したり、旧世代のiPad miniを使っているのにもかかわらず、あたかも360°カメラを使用しているかのようにカメラを駆使したり...

脚本家も増えてきました。
1話完結型のストーリーを数多く作るのが得意な生徒もいれば、連続ドラマ仕立てのストーリーを描ける脚本家もいます。

好きなことをとことん突き詰めてもらうと、それぞれの持っている長所が見えてきます。
それぞれの長所が浮き彫りになってくると、お互いが尊敬し合えるようになり、会話が本当にポジティブになってきます。

ただ残念なのは、僕自身に宗教や哲学についての見識があまりにも欠けていることであり、もう遅いとは言わずに子供達同様学びながら成長していきたい所です。
学校の勉強、つまり認知能力を磨くことは無駄ではない。

やり抜く力、好奇心、執着心など、非認知能力は、認知能力を活かすためにも必要なもの。

二者択一でもなければ、どちらが重要ということでもない。大切なのは、注目度が高まってきた非認知能力を様々な方法で磨くこと。
私も小さい頃からプラモデル作りが大好きで、時間を忘れて作っていました。

親からは「早く寝ろ」とか叱られましたが、「時間を忘れて熱中する」体験が集中力を養ったのかもしれません。

「時間を忘れて熱中できる」のは、子どもの特権。
大切にしてあげましょう(^_^)
好奇心の赴くままに、時間を忘れて取り組むことのできる何かを、お子さん自身が見つけ出したなら、それは基本的に喜ばしいことだと思う。年齢を問わず、一人の人であって有限の存在であることは同様なわけだから、それがどんなに近しくても他者である以上は、過干渉して妨げるのは望ましくないのではないか。
親の価値観を押し付けず、子供には好きなことをやらせてほしいと思いますね。ところが、人生経験が豊富なシニアにはそういえても、現役の子育て世代にはなかなかできないものですね。目の前の子供に対しては心配で心配で…つい言わなくていいことも言ってしまうw できる限り飲み込み見守り褒めましょうね。

「哲学と宗教全史」読みました。すごくインスパイアされ人生が少し豊かになりました。
結果が失敗でも成功でも、やりきる力は社会に出て高く評価されるものの一つだと思います。