新着Pick
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカの株価下がった翌日、日本の株価が大きく下がっても不思議でない局面で日銀の買い注文が入って株価が上がる、あるいは下支えされる状況が続いているようです。アベノミクス開始の直後から、自ら主導して株価を上げることに腐心して来た感のある日銀は、今般、ETFの買入額上限を12兆円まで一気に引き上げて株安撃退の体制を整えました。
今回、日銀の買い注文があったにせよ、無かったにせよ、日銀の行動への思惑が株価を歪めていることは間違いなさそうな気がします。日銀は、禁じ手とされる株式(ETF)の購入が日本の株価の安定に一定の効果を果たしたと自賛しているけれど、中央銀行が介在し、自ら巨額の評価損を抱えるリスクを負いつつつくる株価にどれほどの意味があるものか。
市場の株価発見機能が疎外されるという批判は当初からあったけど、いよいよそれがはっきりしてきたような気がします (・。・;
慌てて買わないことです。
基本的に戻りは売り。
大手もPBR1割れも起きていて、これからの不景気を盛り込んだ実体経済を見込んで今の株価がついてるから多少は買われないと逆に行き過ぎ感も出る。とはいえPBRが今の純資産を割るのはこの先の事を考えて適正ではあると思いますが。。
??
寄り付きから上昇していた日経平均の前場は結局、前日比+1138.95円の18,026.73円で終了しました。

ドル円は110.30円台で推移しています。