新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5Gのエリアは2020年はまだまだ限定的で本格化するのは来年再来年に向けてというのが各社のロードマップ。今年は都市部に住む一部のアーリーアダプターを除くと、料金プランの主力は4Gのプランが中心だろう。しかし料金の相場がかなり下がりコモディティ化した4Gと異なり5Gのカバー速度や端末調達はまさにこれからが本格化。キャリアによる差が出てくるだろう。4Gの普及はスマートフォンの進化と共に進んできたわけだが、5Gはスマートフォンが浸透している状態で始まる。土管屋になりたくないのであれば、コンテンツをいかに提案できるかがキャリアを選ぶ重要な基準になるだろう。
KDDIは5G実現のために必要な機材からHuaweiを排除しています。
Massive MIMOの技術についてはHuaweiに一日の長があることは確かですが、本格ローンチまでこの姿勢を保ったのは立派と思います。
個人的には4Gで十分なのでエリアが本格化するまで購入は見送りますが。。。
auが今日、5Gを使った移動通信システムを使ったスマートフォン向けサービスの料金や開始時期を発表します。

発表会は10時からです
https://youtu.be/cDBfnCHIzow
しばらくは料金よりもエリアやスポットの方が大事ですね。 
docomoの発表を見るに、しばらくは「5Gダウンロードするためにスポットにいく」みたいな運用になりそうで、まだ5Gは良いかなって感じ。
テザリングも無制限にしたら良いのに。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.05 兆円

業績