新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本当にアスリートのためを考えると相反する解決策しかないから困っている現状です。

1)アスリートのために「実施」
(なにがなんでも実施しないとダメだから開催)
選手は「五輪に人生の全てをかけている」から。
この言葉にどれだけの重みを感じてもらえるか。
選手のほとんどは「誰にもこの重さはわかるはずはない」と思ってるでしょう。
実際自分はわかってもらおうと思いません。
五輪前の現役当時の異常な心情など、過去の日記を読むと自分ですら驚きます。

2)アスリートのために「延期」
Health and well-beingが大前提だから。
アスリートはどんなに「今は体を鍛えていても」、循環器系に問題がある選手はいるから。

Fairness
選考会が行われていないから。
国によって全く練習できてないから。

IOCには、現役と過去の五輪選手が意見を出せる仕組みがあります。
現在もそのやりとりはしています。
しかしアスリートの声をいくら聞いても上記の二つの課題をどう解決するかの策は、難しいです。
本当に決めなければいけない皆さんは難しいです。
みんなエラい人たちがなよなよしちゃって困ったもんですね。
アスリートファーストです。
早く延期を決断、発表してほしいところです。

世界のアスリートのSNSを見ていると、代表選考大会に出られない(大会中止のため)どころか、外出禁止令もあってろくすっぽトレーニングすらできなくなってしまいました。

オリンピックの本番当日というたった1日のためにそこから逆算して緻密な計画を立て準備をしていくアスリートにとってはベストなコンディションを維持できず、かなりの無理が強いられています。

そもそもオリンピックは商業主義に過ぎました。本来はアスリートファーストであるべきなのに、生きているだけでシンドイ真夏の東京でオリンピックをやるなんてあり得ないし、コロナがいつ収束、いつからまとまな準備ができるかわからない中で本番に備えとけと無理強いしているなんて言語道断。

オリンピックまで120日という緊張感の張り詰めたアスリートをリラックスさせてあげるために早く延期にしてほしいですね。
世界をまたいで多くのステークホルダーが絡むゆえ、いわゆる正解や正論みたいなものは存在せず、すべては「政治」と「交渉」次第。

安倍首相もバッハ会長の表向きな発言はさておき、水面下の交渉は続いているであろう。

日本国民である一個人としてはやって欲しい思いはあるが、アスリートや観客を思うと延期も仕方ない気もする…
7月までに日本だけで無く、世界各地で感染が終息し、
選手団や観客の行き来が自由に世界でなされている状況を
私は想像することが出来ません。
当初は2年延期(来年はアメリカでの世界陸上などビッグ大会があるから)説が有力にみえたが、実際にはそれが困難であることが判明してきたようで、莫大な放送権料を払っている米国のテレビ局の都合でとても無理と思われていた今年秋への延期や、一周回って予定通り開催もありとなってきたようだ。
各国の対応や特効薬の発見などによっても事態は変わるので、今の時点で判断するのは難しいし、無理に判断するなら中止になる。
Olympics President: ‘Of Course, We Are Considering Different Scenarios’(NYT)
https://www.nytimes.com/2020/03/19/sports/olympics/olympics-coronavirus-bach-ioc.html
誰のためのオリンピックか。アスリートのためか。観客のためか。IOCのためか。国の経済のためか。
命を犠牲にまでして予定通り開催する意義はあるのか。スポーツに興味のない人からすれば議論の余地なく延期なのでしょうが、当事者やファンからすれば最善の手を尽くしたい思いでしょう。
なんにせよ5月には決めてほしいですね。
完全に腹の探り合いと水面下の駆け引き、調整の段階かと。ステークホルダーがどう折り合いつけるかですが、おそらく状況が判断を後押しする形になっていくでしょうね。
この押し問答意味ないでしょう。何か言うときは聞かなくてもIOCから発表するでしょうし。いまの唯一のシナリオは治療薬の特定でしょうか。

中国は2ヶ月半で収まったとするとぎりぎり5月末までに収まる可能性もなくはないという判断か。
オリンピックはスポーツ大会なので、
誰がどう考えても、延期にすべきです。