新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
次は4月3日の発表だが、かつてない水準の減り方になりそう(それかそもそも集計できるのか、というのもあるが…)。
週次の失業保険申請件数は跳ね上がり始め(①)、州単位を合算したNYT記事(②)だと15州の合算だけでリーマンショックのピーク水準となった。
200万人という規模は、普+10万人下回ると弱い感じで、+20万人以上だと強いという印象。-200万人という規模感覚がうかがえるだろうか。
また③でコメントしたが、リーマンショックではピークからボトムまで870万人、ITバブルでは264万人が減少。ITバブル時の雇用減の大部分を一気に1か月で減るかもしれないという予想。また季節調整済みで全米の非農業部門の雇用者数は最新値で1億5254万人。200万人というのは1%以上の解雇で、それが1か月でという数字感。
https://jp.investing.com/economic-calendar/initial-jobless-claims-294
https://newspicks.com/news/4741316
https://newspicks.com/news/4736807
ちなみに、リーマンショック後の日本は一年間で失業者数が110万人以上増えました。
さて今回はどうなりますか。
期間的に雇用保険で乗り切れるようであればよいのですが