新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
抜擢人事、“カルチャーショップ”だからできるチャレンジに舌を巻きました!

従来型のアパレル企業の中の人は、Z世代の着こなしやマインドに追いつけていない印象があります。一方、大手セレクトショップ各社は、顧客の中心年齢層が30代後半から40代前半に移行し、前半ゾーンが手薄になっている課題もあるでしょう。

今アパレルにおいて、Z世代のマインドに合わせると、“ブランド”という概念自体が壊れかねないです。しかし、“カルチャーショップ”という軸があるビームスであれば、企業のアイデンティティとレーベル(ブランド)が合致しているという印象です。今後の展開を楽しみにしています。