新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
博士課程を評価しない会社など、こちらからお断りでいいと思います。入社する前にダメな会社と分かってよかったですね。頑張ってください。
日本の大学の大学院教育がお粗末なのが、最大の原因だと思います。

指導教授は双六の上がりで安泰な地位に就いた人たちで、研究意欲も教育意欲も減退してしまっている人が多いと言われています。

女子学生を集めて食事会を楽しんでいた、アホな憲法学者もいました。

大学院よりも企業の研究室で仕事をした方が、より高度なスキルが身につくと聞いたこともあります。

もちろん、きちんと研究と教育をしっかりやっている大学院もあるでしょう。
そういうところを出た博士課程の人材は、会社も相応に評価するはずです。

「学歴ロンダリング」という言葉が一般的になっているほど、大学院は広すぎる門になっています。

面接官の言い方はとても無礼なものですが、おそらく大学院のあり方そのものに問題があるのでしょう。
面接で問われているのは対応力。社会というのはある意味理不尽だったり矛盾していることを言われたりするもので、そういうのに「いちいちそれは正しくない」と噛みついたり、「定義はなんですか?」なんて学者みたいなことを言ってたら仕事にならないよ。そもそも正論だけで生きていきたいなら社会には出ない方がいい。
博士課程ではなく、オリジナリティ重視の博士論文を評価すればどうでしょう。飛び級を認めれば、もっと若い博士も増加します。
そんな論破するように考えなくても、理解を得る言い回しはありそうなものです。脈絡がわからないのでね~、なんとも。
いや、博士のしんどさはわかりますよ。

採用、理解、論破…etc。何を得たいかですよね~。