新着Pick
265Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
『世界は贈与でできている』著者の近内悠太です。本書について、少しだけご紹介させてください。

本書は、人間と社会の本質である「お金で買えないもの」の正体を明らかにすること目指しています。

お金で買えないもの、お金には換えられないものは、誰かから手渡されることで僕らの手もとにやってくる。文化人類学者や哲学者は、これを「贈与」と呼んできました。なじみの薄い用語かもしれませんが、贈与は英語では「gift」。つまり、贈り物、プレゼントです。ただしここでいう贈与とは、与えたり与えられたりする具体的な「モノ」だけでなく、たとえば親子や恋人間の「愛」、献血やボランティアなどの「利他的行為」も含みます。

そして、この贈与というものは、実に不思議な挙動をするのです。贈与は時に僕らに圧倒的な生命力を与え、時に僕らの思考と行動をきつく縛る「呪い」にもなる。本書ではその両面を明らかにしていきます。

しかし本書で語っているものは、贈与をめぐるファクト(事実)である以上に、贈与をめぐるナラティブ(物語)でもあります。なぜなら、本書で語っているものが贈与の原理だからです。どういうことか。

実は、経済学における「限界効用逓減の法則」も、理科で習ったニュートン力学の基本法則である「作用・反作用の法則」も、それ自体確かめられた法則ではありません。そうではなく、「こんなふうに世界を眺めてみませんか」というお誘いなのです。この法則に基づいて世界を眺めてみたら、驚くほど多くの現象が説明できる――。「原理」とはそのような機能を持っているもののことなのです。

「贈与という視座から、この世界を眺めてみませんか」。 本書はそのようなお誘いの本となっています。そしてこの視座に立ったとき、僕らは、仕事や人生を営む上で見落としていた大切なものに気づき、この世界と出会い直すことができるのです。

読んでいただける機会があれば、感想をSNS等でお寄せいただけましたら、著者として嬉しく思います。
人気 Picker
『世界は贈与でできている』が本日刊行される著者の近内悠太さんと対談しました。
本も事前に読んだのですが、贈与というキーワードで、様々なトピックを非常にわかりやすく論じていて面白かったです。
近内さんとの対談では、最近の新型コロナウイルスの蔓延での出来事から、贈与の重要な側面について語りあっています。
近内さんのいいところは、確固たる哲学思想に基づきつつ、わかりやすくそれを分解して説明してくれるところです。これって、簡単なようで実はかなり難しいのです。ウィトゲンシュタインの原文を読んでみれば、それがどれだけ大変かよくわかると思います。
でもそれをいくつものエピソードを出しつつ、社会のあり方を問うていて、しかも一人一人から何かを始めようと思える良い本だと思いました。
記事を読んでいただいて、その辺り感じていただければと思います。
前に「お金のいらない国」という本を読みましたが、贈与のみから成り立てばお金はいらなくなるのでしょう。テクノロジーの進化でお金を介さずに物やサービスや抽象的なモノや事までマッチングが可能になればお金という概念がなくなる。そうすると貯蓄もなくなり政府が介在しなくとも貧富の差がなくなる可能性すら見えてきます。
近内さんの本読んでみたいと思います。
毎日16時に出ていこうとする認知症の母親。
16時という時刻は、幼少時代の息子が幼稚園のバスで帰ってくる時間であり、迎えに行く記憶による行動だったというエピソード。
どう受け止めたらいいか、わからないとき、「贈与」あるいは「ギフト」という受け止め方を知っておくとよいのではないか、と。
親や上司、同僚、友人、からの「愛」という目にみえない贈与を受けながら、人はそれを当たり前のこととしか捉えていない。その視点をちょっと変えるだけで、あたたかい気持ちになり、感謝の気持ちに変わります。
「不合理なものは必ず合理的に発生している」ということを伝えたかったんです。「16時の徘徊」の例で言えば、当初、息子と母親の「言語ゲーム」は異なっていたわけです。
ただ、介護職員によって、徘徊の背景には「16時に息子を迎えに行く」という母親の意図が存在していると分かった。徘徊という不合理性の中に16時という合理性が含まれていたというわけです。
それに気づくことで、息子は母親から「愛情」という贈与を受けていたことを自覚するわけです。つまり、息子と母親の言語ゲームの間で見落とされていた贈与に気づくことができたというストーリーです。
こうした例は身の回りにあふれています。僕らは気づかないうちに、他者から何かを与えられている。
「歌われざる英雄」という言葉が心に残りました。

「僕の本の中では、『おにぎりの製造者』のような存在を、思想家の内田樹さんの言葉を引用して『アンサング・ヒーロー(歌われざる英雄)』として紹介しています。つまり、功績が顕彰されない陰の功労者です。その視点から見れば、『何らかの形で自分は社会を支えている』という認識を持つだけで、仕事に対するモチベーションはおそらく変わるはずなんです。」
#世界は贈与でできている 読了
タイトルから想像していたのは、資本主義(合理的経済人の世界)の「すきま」を埋める贈与の積極的な活用に関する論考だった。しかし、想像・期待とは違った。肩透かし感もあるが、この本にマッシュアップされた様々なアイディアや本をある程度学んだり考えたりした大人としては、週末の良い読書だった。これから社会に出てゆく愚息(大学生)はこの本をどう読むだろうか? 渡してみよう。
「贈与」という言葉からはお金や物品を想像しますが、ここに書かれているのはもっと広義ですね。姿形があるハードなモノだけでなく、気持ちや感情といったソフト面。ペイフォワードの広がりが、結果としてハード面の贈与を拡大させていく原動力だと思います。
普段の何気ないやり取りや言葉を「贈与」と捉えることで景色が変わり、次への働きかけにつながる。ともすれば忘れてしまいがちなので明確な意識を持って取り組んでいきたい。
内田樹さんの著書にもあったが、労働は雪かきみたいなところはある。
みんながみんな青い鳥を探しに行けるわけではない。