新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「中国全体で製造部門がゆっくりと通常に戻りつつある。中国経済の操業水準は依然として通常を約25%下回っているものの、4月末までに完全に回復するとの見通し」という記事。一筋の光が見えてきた。そうあってほしい。
この記事では日産が、別の記事ではホンダが生産を再開方向だとか。政府の指示があるのかもしれませんが、少しずつでも戻っていくことを期待しています。
何はともあれ、震源地での収束の兆しは明るいニュースです。

比較的短期間で収束するという期待が持てますから。
ワクチン・抵ウイルス薬がない現状では、移動制限措置は一時的に流行のピークを下げることしかできません。それをやり続けなければ効果は持続せず、解除すると再流行する可能性があります。移動制限措置を解除した後、感染者数がどのように推移するかは注視する必要があります。

追記:ワクチン・抵ウイルス薬ができるまでは長期戦になりますので、社会的・経済的影響の大きい対策(切り札)はここぞという時に使うべきだと思います。

重症者に対して適切な医療提供体制を確保することが日本の対策の生命線ですから、医療崩壊だけは絶対に起こしてはいけませんが、長い戦いの中で無理をしすぎても続かないので、一人ひとりが専門家会議の指針を参考にしながら普通に生活するほうがいいと思います。
武漢が落ち着いてきたことを見るとGWぐらいには落ち着くかな。。。
明るい報道は積極的に発信したい。