新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちなみに、リーマンショック後は現状判断が19.0、先行きが21.3まで下がりました。
また、東日本大震災後は現状23.9、先行き25.1まで下がりました。
このため、現状だけ見ればまだ震災時より下がってませんが、先行きが24.6ですので、すでに震災後を下回ってます。
来月更にどこまで下がるか次第では、リーマン後並みの景気対策が必要となってくるかもしれません。
水準判断DIに注目していたのですが、意外だったのは、
・消費関連の落ち込みが思っていたほど大きくなかったこと
・雇用関連の落ち込みが予想以上に大きかったこと

これが示唆することは、短期に終息すればスムーズに回復できる一方、所得が落ち込んで負の循環が強まるリスクも抱えているということだと思いました。
内閣府が9日発表した2月の景気ウオッチャー調査。「街角の景気実感を示す現状判断指数が前月比14.5ポイント下落の27.4」となっています。4ヶ月ぶりの悪化となっています。