新着Pick
444Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
3/17-18のFOMCでの0.5%利下げは織り込み済みでしたが、このタイミングとは。4月の会合でFedがさらに0.25%下げるとの見方が有力ですが、主要国で感染拡大が続けばこちらも緊急で実行されるかもしれません。
ただし、本日の東京市場が示した通り、収束(終息)への根本的な解決にはなりません。
人気 Picker
なんとここで50bpsを使うとは・・・これで昨年7月からで5回分の利下げを行ったことになります。残る糊代も5回分。しかし利下げでウィルスを倒せるわけではないことを思えば随分と思い切ったなという印象はあります。

また、これらの措置を通して復元できるのは株価であって、米金利は下がるのみ。よってドルも調整が続く。6年半弱におよぶドル高相場の調整は一段と強まると考えたい所です。
パウエル議長は、真面目過ぎでしょ。せっかく少ない切り札から、0.5%の利下げという大技を繰り出したなら、その利下げを活かすようなコメントをするべき。ところが、「新型コロナウイルスが、これから米国経済に影響を及ぼす」なんて真面目に言ったので、市場は「それほど深刻なのか。その時にFRBはもう政策余地がないじゃん」というモードになり、せっかく自立反発していた株式市場をまた壊してしまった。
こういう時は、「米国経済は堅調で問題ないが、新型コロナウイルスという短期的な不測の状況への対応として、予防的に金利を引き下げる。これは海外での影響を考慮した措置」くらいの事を自信満々に、かつ楽観的に説明すべきだった。
最悪の利下げになってしまった。
おー、FRBが0.5%利下げ!
ダウは発表前2万6400ドル→発表後2万7100ドル近くに飛んで、ただ2415時点では再度マイナス圏に突入(2万6600ドル、-0.4%)。
10年債利回りはほぼ変わらず1.13%(過去24時間ほど1.11%~1.15%程の推移)、ドル円は107.8→107.7円と0.1円ほどの円高で、債券・為替市場はほとんど反応なし(=織り込んでいた)。
日経平均先物は大証で+300円ほどだったが、ダウが再度下落するのと併せて上げ幅を縮め、今は80円ほど…
※上記は2415時点

ただこれでますます弾がなくなっている。
別記事でもコメントしましたが、中銀による対応の限界を認めるなんて、せっかく50bpも利下げしたのに、完全に市場との対話に完全に失敗してますね。
まるで白い日銀時代を見ているようです。
来ましたね!
このタイミングはまさに市場へのサプライズ成功ってとこでしょうか。

https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/monetary20200303a.htm
むしろ米株価は下落で引けてます。ここまで緊急でしないといけないぐらい経済低迷危機は出ているのかと市場心理を悪化させた可能性も。マーケットコミュニケーションは難しい、、
突貫な政策で、正直2.3ヶ月後は現状より下がっていると思う。なぜなら、メーカーがモノを生産できる状況ではないから。アパレルの友達に話を聞くと、恐ろしくて仕方ない。
為替は殆ど動いてないので、日銀的には非常手段を取る必要は薄れたというところでしょうか。
一方で、為替市場からのプレッシャーはなくとも、例えば下記で指摘されている通り、日本においても景気減速が鮮明化しているとの識者コメントが増える中で、「不動の日銀」を貫くのは政治的には難易度が高いかもしれません。
https://reut.rs/32VdnI5

日銀の次回決定会合は3月18,19日。その前に、臨時会合を行い、何等かの政策調整を行う可能性もあるかもしれません。
FRBが0.5%の緊急値下げ。これは悪い意味でのサプライズになるかも… マーケットの反応はかなり微妙。粛々と0.25%ずつやれば良かったのに、緊急で0.5%かぁ。残る玉は1.25%しかない。直前にトランプからFRBに対する批判があったから、そこに忖度したとしか思えない…
FRBが0.5%の緊急利下げを決定。
声明はこちらから
https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/monetary20200303a.htm