新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「条文案には『隣国との国境の画定や再画定を除き』との文言が入っており、日本の北方領土交渉は新憲法に抵触しない見通しとなった。」

北方領土問題は、「国境の画定や再確定」に含まれるのでしょうか?
少し楽観的すぎる気がします…
国際法での取り決めがあると思うのですが、元々、領土問題は、国家対国家の交渉によって決められるべきものだと思うのです。一国が、勝手に憲法で割譲禁止を決められるとは思えないのです。
となると、この割譲禁止の憲法制定は、ロシアが将来的に国が2つに分かれるなどの可能性を否定したものでしょうか?

一応、大学で国際法は真面目に勉強したのに忘れてしまった…