新着Pick
2297Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウィルスの厄介さをわかりやすく丁寧に解説した良記事です。ウィルスの病気である風邪に、細菌に対する薬である抗菌薬が投与されるというよくある光景が、全く理にかなっていないことも、これを読むとよくお分かりいただけるのではないかと思います。

補足ですが、この新型コロナウィルスに対しては、ワクチンの製造自体はすでに成功している企業も出ており、現在動物に対する投与を行う段階まで来ています。あと3ヶ月以内にはヒトに対する試験が開始される見込みです。

また、治療薬については、試験デザインを度外視すれば、世界中で80以上の試験が進行または計画中です。

これらのうち、例えば当初エボラ出血熱に対する治療薬として開発されていたremdesivirは、中国及び米国で臨床試験が開始されており、中国では4月にも試験が終了する予定です。治療効果が認められれば、早ければ5月にも中国での承認の動きになる可能性があります。

この速さは過去には信じがたいほどのものです。ご参考までに、SARSの際には、患者が発生してからワクチンの開発自体までに20ヶ月ほどを要しており、いかに科学の進歩するスピードが速いかを感じられます。

参考文献(Time): https://time.com/5790545/first-covid-19-vaccine/?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=editorial&utm_term=health_&linkId=83035300

参考文献(Nature): https://www.nature.com/articles/d41586-020-00444-3#ref-CR3
細菌とウイルスは混同されやすいですが、記事にあるように全く別物です。細菌は自分自身で増殖することができ、治療には細菌に特有な構造(細胞壁など)を標的にした「抗菌薬」が用いられます。一方でウイルスは人間の細胞に入り込んで増殖するという特徴をもつため、治療しようとすると正常な人間の細胞まで壊してしまうことから、抗ウイルス薬は開発が難しかった歴史があり、開発された薬も副作用が多かったりします。

新型コロナウイルスに関しても、国内で重症化した患者の何名かには抗HIV薬であるカレトラが使用されていますが、下痢などの副作用が強く、中止せざるをえない場合もあるようです。

結局のところ戦うのは自分自身の免疫細胞なので、しっかり食べて睡眠をとり、疲れをためないように。

多くのワイドショーと違い、聞くべき人に取材しているNewspicks、さすがです。岡部先生の下記の記事もわかりやすいです。
学校休校は専門家会議「完全スルー」で決まった、社会不安を生みかねない
https://newspicks.com/news/4685732
生物の授業で使えるくらい分かりやすい解説。
大事な要点は、
・ウイルスと細菌は全く別物。風邪の多くはウイルス感染なので、抗生剤無効。
・感染を予防する『ワクチン』も、感染後の治療のための『抗ウイルス薬』も、開発は大変だけどウイルスによっては開発されており、医学の進歩の賜物。

この機会に、感染自体を予防できる『ワクチン』がいかに人類を守ってきたかも多くの人に知ってもらいたいです。

特に、
・小6~高1の女の子→HPVワクチン
・1962~1978年度生まれの男性→風疹の検査・ワクチン
が無料で受けられますので、該当の方はぜひ。
風疹については、自治体によってはもう少し若い年代にも助成だしているのでご確認下さい。
とりあえずワクチンあるものは接種しときましょーねー。人類の叡智の結晶です。
良記事。

あと、DNAは、紫外線波長200数十nmで破壊される。
高温多湿で弱ることも、1961年に、実験で確認され、論文となっている

下記で、温度、湿度、紫外線との相関性(肺炎死亡者)を示してます。

https://www.circle-cross.com/教授アナリストの辛口ケース/
新型コロナを巡っては、特効薬がないことも不安を後押ししているでしょう。ウイルスがわかれば、例えば抗HIV薬が効果的だと発表したタイ政府のニュースの意味も、これで理解できるはずです。
とても素人に優しい解説です。
①ウィルスは生物ではない~細胞の特徴的組織を持たず、核酸とタンパク質で構成されること。宿主なしに自己複製できないことなど。
(ちなみに、生物である細菌には細胞壁があることを始めて知りました)
②免疫の仕組み~ウィルス侵入→マクロファージによる破砕→T細胞からB細胞への抗原情報伝達→抗体組成。
(この仕組みの図はとても分かりやすい。マクロファージは高校生物を思い出しました)
③抗ウィルス薬とワクチンは異なる~前者はウィルス増殖の抑制等、後者は人工的に抗体を作成するもの
(抗ウィルス薬はHIV治療で飛躍的に進展したとのことです)

勉強になりました!(最初の図の誤変換(拡散⇔核酸)はある意味で含みを感じました)
良いまとめ!タイミングも良いですね。
ウイルスも細菌も目で見ることができないので余計に怖い訳ですが、姿を正しくイメージできていれば嘘や煽りに振り回されにくくなるかと思います。
諸事情で菌の話をする機会がありますが、ウイルスと細菌は常日頃から混同されがちに感じます。中には「菌を英語で言うとウイルスなんでしょ」という知人もいました。いえいえ...
今回のコロナにアルコールが効く、などの話も原理を知ると理解しやすいので、正しい知識はどんどん広まってほしいですね。

せっかくなので補足ご支援。
ウイルスと菌は構造も生活環も違います。共通点は
・(病原性の)小さいものという点
・遺伝子を持っている点
くらいでしょうか。間違える人は特に前者のイメージで一括りになさる傾向。
遺伝子があると言っても、その増やし方には大きな違いがあります。細菌は自力で遺伝子をコピー&体細胞分裂で増殖、ができるのに対し、ウイルスは『生きた』細胞の能力を使うことで初めて増殖ができます。不法侵入して人ん家のコピー機を勝手に使うような話です。完全に他力です。なのでスーパーで売ってる食肉や茶碗蒸しではウイルスは増殖できません。どちらもすでに細胞が死んでいて増殖機構が停止しているからです。細菌は栄養だけあればいいので、食肉でも茶碗蒸しでも頑張れば増えます。※細菌の種類にもよります

機構が違えば増え方も違います。
細菌は体細胞分裂で増えるので倍々ゲームで1→2→4→8→...→1024..というペースですが、ウイルスは細胞内でどんどん材料を作って一気に増えるので1→1000みたいな増え方をします。嫌すぎる。


個人的に興味があるのは、ウイルスが飛散する時の形態です。
通常、100nm(0.1μm)もの小さな粒子は、水分があると表面張力の影響を強く受けて凝集します。特にウイルス間に強い電荷反発でもない限り、100nmの粒(それも、糖タンパクを表面に持つ水和しやすそうな粒子)がきれいにバラけて空中を飛んでいくとは考えにくく、実態としては粘液の張力で寄り集まって何らかのクラスター構造を取っていると思うのですが、採取が難しいのか、コレという決定的な文献に行きあたらず。マスクの口径と比較して有効性を議論する上で実際の粒子サイズや吸着性は大事だと思うのですが。
どなたか詳しい方いたら教えてください....
なんとなーく分かっていたつもりの内容を平易に分かり易く解説してもらいました。
ウィルスのエンベロープは脂質の膜なのでその破壊は界面活性剤(nealy equal 石鹸や潜在)で容易に可能。アルコールじゃなくても大丈夫、と付け加えてコメント終了。
ウイルスについて、何回も調べたことがあるが結局頭に残っていなくて、改めて基礎から丁寧な説明で助かる!
特にコロナの拡散に伴って、インフルエンザやエイズ、エボラ出血熱といった薬の応用可能性がどうして検討されて、またこれだけ急に進むのか、ワクチンとの違いも含めて原理から分かりやすく勉強になった。
この連載について
世界的流行の様相を呈してきた新型コロナウイルス。その怖さの理由の大半は「よくわからないから」だ。実際に対応にあたる感染症専門医たちを中心に取材を重ね、公開情報も丁寧にひもときながら、NewsPicksが解説する。