新着Pick
1501Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グローバル展開で大躍進するユニ・チャーム高原社長の時間の使い方や基本的思考がまとまった面白い記事。

・凡事徹底が非凡を生む

・沈思黙考時間の確保

・必ず社員にバースデイメール

・海外現地視察・日本現場視察・執務室の時間の均等割合

など、高原社長の行動原則が詳細までしっかり取材されていて、学びも多い記事です!
在宅勤務を続けていると、時間や曜日の感覚がなくなってきませんか。「時間割」があれば、効率的に仕事をして成果を出せるはず。

特集第4回では、ユニ・チャームの高原豪久社長の詳細な「時間割」を公開します。グローバル企業のトップは、一体どんな時間の使い方をしているのか。また、「平時」と「コロナ禍」で時間の過ごし方はどのように変化したのか。

「沈思黙考」と「OODA」を実践し続けている高原社長。その具体的な内容が参考になります。みなさま独自の「時間割」もぜひ教えてください!
コロナ禍を受けて、習慣やルーティンを変えた・変えようとしている人も多いのではないでしょうか。なんとなくオフィスに行くことでまわりとあわせてリズムを「つくってもらっていた」人たちにとっては、在宅勤務になってリズムを「自らつくる」ことがとても大事になってくる。

コロナに関係なく、スケジュールや時間割というのは、1日や1週間の単位で、こなすことはあっても、設計したり(例:本記事でいうと執務と海外視察と国内視察の3分割)、振り返ったり(例:本記事でいうとOODAループでの振り返り)することってなかなか少ない。

本記事で言われている「凡事を徹底することが非凡を生む」の通り、基本だからこそ、変えるべきではないことは変え、捨てるべきを捨て、自分なりの時間のリズムをつくっていきたいですね。
いろいろ素敵なことを書かれているが、個人的には「意識を変えることは難しい、だからまず行動を変えます」に尽きる。(自己啓発にしろ企業改革にしろ)「まず意識を変えろ」みたいなことを言う人は多いし、それをうのみにして失敗する残念なケースをたくさん見ているので。
どういう働き方が良いかは人それぞれだと思うが、ルーチンをこなしていくという点ではかなりの極め方だと感じる。特に要職に就かれて忙しくなっていくほど、何をするか自体が資源配分。その意味で、こういう大方針とかが重要なのだろうなぁと感じる。
大変勉強になりました。
社員にとって、自分の頑張りを誰かが見てくれているという事は組織への貢献意欲や働きがいに大きく影響します。
先行きが不透明な局面こそ、このような組織は強いと思います。

高原社長
毎朝、一番にすることは何ですか。
出社は午前6時半で、その日に誕生日を迎える社員に「ハッピー・バースデー・メール」を送ること。
平凡の非凡、継続しつづけること、これはできそうでできない。これができる人はまさに非凡。
ハンズオンの意識が強いことに感動します。世の優秀な経営者共通の特徴ですね。それが、この身動きできないコロナ禍での大きな課題です。

経営者、幹部、管理者にとってのハンズオンとは何か?を真剣に考えるべき時です。これは本当に大きなチャレンジだと痛烈に感じます。

現場を孤立させてはならないこと、悩める顧客の状況の事実を肌で感じること、自分の存在価値の変化を深く考えること、などがニューノーマルな世界でのハンズオンで実現しなければならないことです。

「戦略担当秘書」名前は色々ですが、外資系も含めそのようなポジションを作っている企業も一定数ありますね。とても良いシステムだと思います。幹部育成の観点だけでなく、高原さんの話では、若手の理解度や感覚を知る意味もあるのですね。新鮮な気づきでした。
「若いみなさんにアドバイスするとしたら、やはり何かを得るには何かを捨てなくてはいけないということです。これが一番難しい。」

他に捨てるものがないという理由で、若い頃から続けてきたゴルフを捨てた、というエピソードに心を打たれました。

自分は何を得るために、何を捨てるべきなのか、しばらく沈思黙考しようと思います。
現場を本当に大事にしている経営者の実体験からの金言。とても共感できる。"凡事徹底が非凡を生む"、言うは易し行うは難し…継続は自身を変えるだけでなく、他者にも伝わり、行動変容に大きく影響することを改めて感じた。本気の"貫く"は力がある。やり抜く姿勢は、他者を魅了する。経営者の覚悟を感じた。経営に携わる人にとって、"大事な教え"だと思う。実践者でありたいですね…。
この連載について
新型コロナウイルスとの闘いは長期化する。準備不足のまま突入した在宅勤務は一時的なものではなく、外出自粛期間が長引くにつれて定着するだろう。もともと仕事をする場ではなかった家の中で様々なストレスを抱え込んでいては、仕事のパフォーマンスは永遠に上がらない。腰を据えて、快適なテレワークを実現しよう。そのための環境整備と時間の過ごし方、立ちはだかる問題点を紹介する。
ユニ・チャーム株式会社(英称:Unicharm Corporation)は、生理用品、紙おむつ(赤ちゃん用、大人用)などの衛生用品の大手メーカーである。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。ベビーケア、フェミニンケア、ヘルスケア関連製品でアジア1位のシェアを誇る。海外売り上げ比率は6割を超える。 ウィキペディア
時価総額
2.83 兆円

業績