新着Pick

高裁でも「選択的夫婦別姓」認められず サイボウズ青野社長ら「最高裁に行く。ゴールは立法」

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の攻め手は、
・日本人のカップルが離婚した際に戸籍法の手続きをすれば
 「婚氏続称」ができる
・日本人と外国人が結婚した際は夫婦別姓が選べるのに対し、
 日本人同士が婚姻する時だけ「戸籍法上の氏」が選択肢にないのは違憲
というもの。

選択的夫婦別姓については
最高裁による平成27年12月16日判決がありますが、
一度最高裁の判決が出たとしても、
それが絶対的・永続的な解釈になるのではありません。

○再婚禁止期間違憲事件(最判平成27年12月16日)
○非嫡出子相続分違憲事件(最判平成25年9月4日)
のように、社会状況の変化をとらえて、
かつては合憲とされた法律が違憲だと判断された例もあります

最高裁の憲法判断は、
・付随的違憲審査制(紛争解決に必要な限度で憲法判断を行う)
・弁論主義(当事者の主張のみを判断の基礎とする)
という大原則の下で行われますから、
本件上告審あるいは今後の訴訟において
違憲判断に至るほど十分な判断資料を提出し、筋の良い主張を行えば、
違憲判決を導くことも可能だと考えています。


個人的な所感ですが、最高裁の違憲判決や国会による法改正を待たず、
現行法の下で夫婦別姓を無理やり実現する手段として
こちらの記事(https://note.com/yuki_yanagi_yuki/n/n1adcbbdd0dbc)の
手法(裏技?)を使うのは、ありうる選択肢だと思います。

要するに、アメリカ等諸外国の手続きで婚姻状態を作り出し、
日本法の下でも婚姻の効力を発動させるというもの。

グローバル化の進展した現代ですから
少し視野を広げて海外の制度も活用すれば、
外国法との抵触を調整する「法の適用に関する通則法」により
多少コストはかかってしまうものの、道は開けます。

最終的に、
扶養控除に関する税務訴訟や
夫・妻たる地位の確認訴訟に持ち込んで
現在の夫婦同氏制がいかに不適切かを示すこともできます。
(東京大学法学政治学研究科の宍戸常寿教授も『法の支配183号』で
 今後裁判で争うための筋道について解説されているので、
 興味のある方はご覧ください)

国会の遅い対応を待っていても埒が明かないので、
法改正への道筋を加速させるためにも
多種多様な攻め手で引き続き争っていくことが重要です
当然の結果です。

司法権たる裁判所の使命は、「法律の解釈を行って具体的争訟の解決を図ること」に過ぎません。

立法は、「唯一の立法機関」である国会の権限です。

裁判所が選択的夫婦別姓を憲法違反と認めれば、現存する戸籍法が憲法違反となって改正を余儀なくされ、裁判所が立法権を侵害することになります。

選挙等によって民主的支持を受けていない裁判所判事が、選挙の洗礼を受けた国会議員で構成される国会の立法権を侵害するのは許されないことです。

万一それが横行すれば、日本は民主主義という建前すら失ってしまいます。

そこまで考えが至らないのか世間に対するアピールか・・・法律家であれば最初からわかっていた結論でしょう。

個人的には、世間に対するアピールであり啓蒙目的であると信じていますが・・・。
これが認められれば「〇〇家の嫁(婿)にきたんだから」という下らないことを、言われなくなりますね。

身近な親族に言われて、うんざりしてます。
うちの妻は、後閑家を選んだわけではなく、僕を選んだんで。

「そんな下らないこと言うなら妻の姓にするぞ」と言ってやりました。

僕は長男で唯一の男ですが、どうでもいいです。
この件に関しては、過去こちらでコメントしています。
https://newspicks.com/news/2962362

なぜ「選択的」夫婦別姓が認められないのか、いまだに理解できません。
青野さん頑張ってください!私も選択肢として別姓は認められる世の中になって欲しいです。我が家は男の姓を選択しましたが、それによって字画の良かった妻は字画の最悪な姓名になりました。申し訳ない。
オカルトかよと思う人もいるかもしれませんが、まあ良いじゃないですか。

そして、記事にある以下はさすがにまずいのではないでしょうか。

>「現在、旧姓の通称使用が行われていますが、法的に根拠のない名前です。最高裁でも女性の判事の方たちが旧姓を通称使用しており、法律の最高機関が、法律上根拠のない名前で判決を書くということが起きています。法的に欠陥があるのは明らかです」とコメント。<
選択的夫婦別姓が認めらることにより、迷惑を被る人々がいらっしゃるのでしょうか。多くの方に伺っていますが、未だに納得出来る回答は得られておりません。
個人的には、保守的な人間ですが、夫婦別姓は合理的なので認めるべきだと思います。婚姻による改姓によって、職場での旧姓とか、免許証とかパスポートとか銀行口座の名義とか手続きが多い。全く合理的ではない手続きで、窓口に行って貴重な時間を費やすのです。同姓を強いるのは全く合理的ではない。と思っております。
国際結婚なら自由なのにねぇ ガイジン苗字強制は可哀想、ニホン人苗字ならいいでしょ、って事なんでしうかねぇ
違憲を訴えておられるので、最高裁の判断を仰がれることが大事なのかなと感じています。
個人的にも夫婦別姓の方がいいなと思っているので、実現するといいですね。
選択的夫婦別姓が認められない意味がわからない。
誰かに強制されるわけでもなく、個人個人が選べるわけだし。
今の日本って社会全体がコンサバティブで、物事を変えるリスクを取りたくない人が多いような気がする。
この変化の激しい時代にも対応できないんだろうね。
サイボウズ株式会社(英語: Cybozu, Inc.)は、東京都に本社を置くソフトウェア開発会社。グループウェア「サイボウズ Office」シリーズなどを手掛ける。 ウィキペディア
時価総額
1,237 億円

業績