新着Pick
202Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
寄り付き直後に一時-1000ドル近く、ただ2340現在は-800ドルほど(-2.8%)に戻している。日経平均先物はー1100円、これも一時は2万1000円近くの-1300円ほどに下落した。
米株を見て欧州株も少し下げを追加した印象で、欧州の多くの市場は-3.5~-4%前半。ただそれくらいにとどまっていて、米株の下落は日中時点から一定織り込まれていたレベルに今のところは収まっていると言えると思う(想定以上だったら欧州ももっと下げるので)。
さすがにドル円も少し反応し111.3円→110.9円。10年債利回りの下落は日中からしていたがそこではあまり反応せず、現物株式市場の下落を見てからの反応(先物でも十分下がっていたのに…)。
マーケット全体、何がどれだけ動くのか不透明で、お互いの動きを見ながら疑心暗鬼に動いている印象。
日経平均先物も大きく下げていますから、明日の日本株マーケットも強い下げ圧力から始まると予想され、注意が必要です。
全体的にリスク回避が進んでいます。
オリンピックが終わったら日本は経済破綻するとまことしやかに言われていたけど、この状況ではオリンピックを待たずにその日はやってくるかもしれない。日本市場も連休明けて今日、大幅下落は避けられない。

その時に、業務委託の仕事は短期的には減り(既に自粛ムードの中で業務が無くなっている人たちがいるが)、中長期的には増える(正規雇用から切り替えが進む)だろう。副業はともかく、独立系フリーランスが"割りに合う"報酬をもらいながら生き残れるかどうかは、ますますシビアになる。
その時にフリーランス協会が出来ることはなんだろう。オリンピックが終わったら、と考えてきたけど、もっと急いで考えないといけなそう。

ちなみに、イベントや研修、撮影等が主催者の自粛で中止判断になった場合、民法上は受託者は報酬や持ち出し済みの実費を請求する債権を失わないそうです。有料イベントで主催者も収入ゼロになり支払い余力がないケースは一方的に債権を主張するのも難しいかもですが、一応法律上は、ということを頭に入れておいても良いかも。

そのほか、フリーランス視点での新型肺炎対策をフリーランス の契約トラブルに詳しい田島・寺西法律事務所の寺西弁護士に取材した内容を、本日フリパラに掲載予定です。
韓国での感染拡大に加えて、欧州にまで飛び火したことでようやく欧米の投資家がパニックになり始めてます。日経平均先物も大きく売られているので、ようやく買いチャンスが訪れそう。
新型コロナウイルスに対する株式市場の反応は、今までが鈍すぎたと思われる。但し、「買いのチャンス」と判断するには、まだまだ下がる局面を待つ必要があるだろう。
日経平均先物は、週末の終値対比で1100円程度下げてます。
円高も進んでます。
NY株式市場が一時1000ドル近く下落。新型コロナウイウルの拡散に経済全体への影響が懸念されての動きのようだ。中国、日本、韓国に続き、イタリアでも感染拡大の傾向が見られている。
終わりの始まり?
来ましたね…。