新着Pick
402Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
改めてApple PayとApple Cardに係る誤解をほどく上で良記事。
以下ポイントのみ。
①Apple PayはMasterやAmexを始めとする種々のブランドをiPhone端末に入れることで決済を可能とするもので、Apple Cardは他のブランドのように端末に入れて使うことも物理的カードで使うこともあるひとつのカードブランドに過ぎない。
②Apple Payは既に150億回/年も利用されるに至っており、他ブランドであろうがApple Cardであろうが莫大な決済収益を確保している。
③とはいえ、Apple CardはiPhone端末内でカード発行が可能となるなど利便性が高く、利便性をテコにした展開が期待できる。
④蛇足ではあるが、iPhone7以降は日本のFeliCaインフラに対応するように設計されているため、海外訪問者も国設定を変えさえすれば非接触決済を享受できる。
アメリカでは、記事にある通り、クレジットカードを全員が持っている訳ではなく、50%程度と言われています。
これ以外の方が持っているのがデビットカードやプリペイドカードです。
しかし、Appleは、Apple Cardを誰にでも持たせるという訳ではなく、高価なiPhoneを買える人となるので、
対象はクレジットカードを持っている層と大きく重なってくるのではないかと思います。
しかし、アメリカのクレジットカードは航空会社のマイルを除けばポイント制度はなく、サービスを提供することで年会費を徴収しています。
もしApple Cardがこれ以上のメリットを与えられるなら、顧客がApple Cardに集まることが想定されます。

また、日本ではクレジットカードを持てる人が大多数であるため、iPhoneを持っている層とこちらも重なります。しかし、日本のクレジットカードはポイント制度があり、これが深く根差しているので、日本においてはポイントを付加できるかで顧客を集められるかどうかが決めると思います。

Apple Cardであってもメリットが無ければ、カードは作らない/使われないのは同じだと思います。
Apple PayとCardを誤解している人は確かに多そう。パートナーのGSは先行投資で赤字ですが、Appleはさらに爆発的に儲かるでしょう
"決済額のわずかな部分がアップルに手数料として入ってくる仕組み"
ゴールドマンが日本でコンシューマービジネスを展開するという話は以前からありますが、Apple Cardをキックにしてブランドを広げる可能性は十分ありますね。

ただ、日本のiPhone所有者はどちらかというと見た目に敏感な若年層。お金を持ってる高齢者層はAndroidがお好きなイメージですが、Googleさんいかがでしょう。
物理カードのApple CardはApple payの呼び水でしかないです。
なので、単に番号がないデザインのクレジットカードを他社が出しても効果は薄いでしょう。
4ヶ月前にnewspicksがいち早く特集を組んでたので再掲します

https://newspicks.com/news/4274513/
Appleのエコシステムに引き込むためのツールというご指摘は、そうかもしれないと感じます。どこまで拡大するのか、注視したいと思います。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
148 兆円

業績