新着Pick
199Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「どんな未来にしたいのかしか考えていない」
仕事をする上ですごく共感します。

会計事務所の仕事も、周りからは記帳代行や、決算を締めて前期比較だけを行うといったイメージが未だどうしても強いです。

しかし、本当に顧客に対して価値のあることは、過去現在の結果を踏まえ、課題改善を含めた会社の未来を一緒に創り、企業価値を上げるお手伝いをすることだと考え、会計事務所の運営や、顧客サービスの提供を取り組んでいる事務所が増えています(もちろん僕もその1人です)。

そういった意味で、freeeについてはソフト自体の利便性も素晴らしいのですが、それ以上にfreeeの「マジで価値ある」「理想ドリブン」といった考え方は、一緒に会計などのバックオフィス業界およびクライアントサービスを継続的に良くしていくにあたり、ものすごく重要であると感じています。freeeに限らず、会社の経営理念などは今後のSaaSの選択理由の1つになります。

やっぱり仕事はワクワクするものでありたいし、ワクワクというものは、未来を考え、創るというところに存在すると考えているので、そういう会計事務所が増えていけるような時代にしていきたいですね。

あと2回、いよいよfreee立ち上げからのお話でしょうか。週末までが非常に楽しみです(^^)
連載「シゴテツ -仕事の哲人-」、freee佐々木大輔CEOの第5回です。
---
スモールビジネスを、世界の主役に。そんなミッションを掲げ、急成長を遂げているのが「クラウド会計ソフト freee」など、中小企業向けバックオフィス機能のプラットフォーム事業を展開するfreeeだ。手作業に頼っていた経理作業の自動化という“新常識”を世の中に広め、2019年末にはマザーズ上場も果たした。Googleから転じて8年前に創業した佐々木大輔氏が語った仕事の哲学とは?(全7回)
同じころにGoogleに籍を置いた仲間、Daisukeのシゴテツ。

過去4回も読みましたが、今回は、同じくGoogleの洗礼と薫陶をまさに受けた者として、何度も頷きなから読んだ。

私はDaisuke以上のあきっぽさで仕事を変えていますが(笑)、あまた所属した企業の中で、ポジティブな意味で私自身の仕事、そして生き方へのスタンスに最も影響を与えたのはGoogleだと確信して言い切れます。ていうか、Googleなかったら今の自分はない。

それは一種の宗教とも言えるかもしれませんが、Googleを卒業したいわゆるex-Googlerはあらやる場所で活躍していますが、ひとたび集えば共通のビジョンと想いと情熱で語り合うことのできる盟友とも言える関係です。

全7回ということですので、あと2回、楽しみに読みます。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。