新着Pick
504Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まず色々と情報が間違っていますので整理しますが、ソフトバンクは日本においてはUberの支援は一切行っていません。むしろ日本においては競合のDidiをフルサポートしていますので、UberやUberEatsには業務上の支援はありません。これは各地域において支援する投資先企業を絞っている観点です。もちろん海外市場ではこの限りではありません。

ですので、UberEatsの競合サービスを日本にあわせた形で始めるのはソフトバンク的には問題はなく、むしろPaypay(UberではPaypayの競合のLinePayが使われています)のユーザーベース、マーケットシェアを活用したほうがビジネスとして可能性があるという判断だと思います。

同様に、 Didiも大阪でUberEatsと同様のデリバリーサービスを開始します。今までUberEatsの独擅場だった、ラストワンマイルの配送も2020年で一気に広がります。ちなみに、ソフトバンクとは関係ないですが、フィンランド発のフードデリバリーのWOLTも2月から広島でテストローンチします。
即日配送で、どんなニーズが想定できるか妄想してみるのも楽しいとおもいます。

飲食店から昼食を配送
重要書類を得意先に配送
子供の宿題を小学校に配送
パパのお弁当を職場に配送
飲食店に忘れた携帯を配送
タクシーに置き忘れた携帯を配送
友達に借りたものを友達の家に配送

お弁当や書類の即日配送などは既存事業としても一定あるので、そうでないロングテールを拾えると勝ち筋ですよね。または、まだない大きな需要を掘り起こせるのか。

ユースケースの洗い出しと、マーケティング力が鍵になりそうです。
スーパーアプリ化へのステップ。
しかし、配達サービスも過当競争のような気がする。
配達員の取り合い(金銭インセンティブ競争)が起きるのでは?
なお、Uber Eatsが業務委託(効率的に働けば働くほどお金になる)に対して、PayPayダッシュは自社雇用(アルバイト契約)のようですね。

決済を持っている点は、コスト上も加盟店と利用者の囲い込み上もPayPayダッシュが有利か。
業務委託か自社雇用か気になりましたが、後者でのアルバイト契約なんですね。時間辺り売上を最大化するには、「平均購買単価×平均配送件数」の両面の最大化が必要に。最初は無駄配置多く人件費を空振る時多いですが、早期に最適な配置と時間が見つかればと思います。
Uber Eatsのように、配送員が物流会社の従業員ではないので、配送サービスクオリティが利用者に受け入れられるか、またUber Eatsでは配送員の方の募集に相当のインセンティブ費用が発生しているためその費用がまかなえるかが肝になりそうです。ただ、物流配送スタッフが慢性的に足りていないため、こういったアプローチも含めて解決策の1つになることを期待したいです。

‘’「Uber Eats」に似た即時配送サービスではあるが、フード以外の商品も対象になるようにみえる(ヤフーによると現時点では対象商品は未定)"
東南アジアのグラブ、ゴジェックらのスーパーアプリに追いつこうとする動きです。
スピード勝負だと思うのでやってみて、うまくいかなければ他にまだ日本に来ていない次のサービスで試していくでしょう。

ご参考までスーパーアプリの解説です
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54895950X20C20A1000000/
“PayPayブランドとしてサービス提供することから、PayPayアプリ内からアクセスできるものと考えられる。EC、フリマ、タクシー配車(DiDi)に続く、PayPayが進めるスーパーアプリ化の一環となるだろう。”
街中にあるものを、ボタンひとつで即時注文&受取ができる世界がやってきたらワクワクしますね!

UberEATSはまだ食事の配送しかやっていないので、まずはそれ以外のモノをPayPayダッシュで取りに行こうとしているのですかね。例えばコンビニにあるものを、即時宅配してもらうなど。食事以外を抑えて、配達員を徐々に増やすことで、いずれ食事系も抑えにかかればかなり強い即時配送網になるかと。ソフトバンクほどの資本力がないと、やりきれないビジネスですね。。すごい。
リソースを使って一気にインパクトのあるローンチを行い、スーパーアプリ化を目指す。このスケールとスピード感でビジネスをできる企業は日本では限られていると思う。
paypayを中小にも一斉導入したようにこのビジネスも浸透させることができれば、面白いことになると思う。しばらく展開をウォッチしたい。
UberEatsの配達員みたいのが更に増えそう。

あの配達員だけは飲食店や小売業よりも割りに合わない、率直にいうとやってはいけない仕事だと思う。

低収入だし危険。
特に自分が被害者になる分には仕方ない部分もあると思いますが、あの自転車で怪我をさせてしまうリスクがかなりあると思います。
そして天候が悪い時ほど仕事が多くなりそう。